奥羽の山里からの農村通信

農村通信ロゴ

 

奥 羽の山懐の雪深い山村、沢内村(現 西和賀町)に東京から転住し、お米、花、野菜の栽培をしています。都会からの脱サラ新米農家にとって、ここでの農的暮らしは知らないことばかりの宝の山で した。その新鮮で刺激的な (?)、土まみれ悪戦苦闘の生活像をご紹介しています。主に移住直後の1996年~2000年前後に書いた記事が中心になっていて、現在はあえてあまり手 を加えないようにしています。ブログ記事は最新のものです。また現在進行形のサイトとしては下記より「奥羽の山里農村いちば」を訪問していただければ幸い です。

 

農村通信メインフォト

毎年同じような作業のくり返しのようでいて、日々新しいことずくめの野良の日々。。
田舎暮らし開始直後の記録です。よろしければ左記メニューより覗いていってください。

 

い ま な ぜ 、”奥 羽 の 山 里 か ら” な の か ?

 あらためて自分の生活を省みて、これからどんなふうに生きていこうか、と暮らし方・ライフワークを探す旅に出るとき、現代の世の中で選択肢はそう多くは ない。そして夢や冒険心、癒された生活というものをかなえられる数少ない砦、職種(もちろん一般的な職種で)の一つが農業だと思う。
そんな思いで、都会からの移住者という目線で岩手の自然あふれる山村・沢内村を眺め、ここでたくましく生きる農家の姿を描いてみたい! きっとこれまで 都会では見えてこなかった宝の山が出てくるはずだ。一度きりの人生、限られた時間の中で、いろんな経験をすることも大切に思う。
だいたい何はともあれ、理屈抜きで、農的生活は健康的でワクワクすることに囲まれているではないか! 「遊び」「家族」「教育」も意義深く、少ない人口だけれど一人一人の重みが大きい農村社会。
食べる・暮らす・働くの基本に立ちかえって、いまの時代だからこそまさに広く問われるべき「農」の生き方、本当に納得のいくライフスタイルとは何か、自由に、自分流に、奥羽の山里から発信していきたいと思います。