岩手・西和賀の農産品と田舎暮らし情報をお届けします

あけびづる細工のページ

  • HOME »
  • あけびづる細工のページ

あけびのページタイトル

 

蔓を使った素敵な篭

 

西和賀町内「若畑創作館」の篭製品を紹介させていただいておりましたが、現在篭素材の補充が進まず在庫薄となっておりますため、販売は休止とさせていただい ております。下記掲載品は創作活動の見本としてご閲覧いただけましたら幸いです。なお、細々とはいえ創作は続いておりますので、もし購入をご 希望の折にはお気軽に創作館宛に直接お電話でお問い合わせください。素材の状況によりご注文に添える場合もございますし、お好みの形をお伝えいただけたらと思います。


2m以上の雪に埋もれる奥羽の冬は厳しく辛いものではありますが、そんな農閑期も活発に生産活動に追われ、山村は暮らしを営み続けてきました。豪雪だからこそ、冬は農業のことから離れて、気持ちも新たに「モノつくり」に取り組める。心は土や畑の産業から自由に羽ばたいて、暮らしのための技能を鍛練してきまし た。

長年に渡り伝承されてきた生活用具の創作の智恵は、アートの域に達して民芸品としての美しい作品になっています。本物の素材による第一級の手作り品、それでいて安価なお値段で提供しているあけび篭は、特に多くの方から日用品感覚で気軽にご利用いただいておりました。

 

あけび篭の型枠型に合わせながら、じっくりじっくりと時間をかけて丁寧に編んでいきます。

主に冬期間に制作する形になっており、春先が最も品揃えとしては多く、秋冬にかけてが最も品薄になるシーズンのようです。3〜5月にお問い合わせまたは来館いただくのが時期的にベストです。

 

あけび製品展示室を見て回るのも楽しい、あけび蔓の「創作館」。ここで作られた「若畑創作グループ」による作品を販売しています。見学や購入もできますので、岩手近郊 の方はお越しになってみてください。冬期は日中は毎日おりますが、農繁期などは留守になりますので、ご連絡いただいた方が無難です。

場所は西和賀町旧沢内、若畑地区にあります。山伏トンネルから約10分。藤原商店近く、県道沿い東側で、車ごと石門を通って進入、直進してください。近くに、新しく立てられた公民館と消防屯所、NTT無人設備があります。

あけび蔓の篭細工について

・あけびはラタン(籐)とは違い、弾力性ある素材です。またあけびは、編み込んでいくことで入り口寸法(横幅)が全体寸法に比べ てやや狭くなる傾向があります。
・あけび製品は一生使え、孫子に引き継ぐ耐久性を持っています。直射日光を避け、風通しのよいところで保管いただいてどうか末永くご使用く ださい。
・一般的な篭としての利用だけではなく、特別なお祝い事などでの器等の目的でのご注文をお受けしたこともあります。発想は無限に広がる創作であると考えております。

 

あけび作業あけび蔓の採取は、通常葉がほとんど枯れ落ちた11月に入ってから行われます。山に入り、鉈で切って集め、水に漬け、乾燥させて、、。ゆっくり、こつこつと確実に手提げ籠が出来上がっていきます。
作業は主に冬。薪ストーブにあたりながら、静かに、ゆっくりと悠久の 時が流れていきます。

野生のあけび蔓を丸ごと使って編んだ手かごは、地面に這っている部分を使っているので非常に強靭です。手かごは実用品として特に着物によく似合うので女性に高い人気があります。 丸かごは一輪差しやドライフラワー入れとしてインテリアによく使われますよ。

くるみ皮の工芸品は、あけびに比べ圧倒的に少量。くるみは夏に木を伐 採し皮を剥いて採取しなければならないから。しかも杉のように使い勝手のよいまっすぐな形をしてはいません。素材そのものが貴重な上、作業は重労働。

そんな貴重なくるみの手提げ籠は時々くるみの実を潰し布でくるんだもので拭いてあげると、光沢を失わず丈夫で長もちします。材料作りに5〜6日、編み上げるのに平均で3日かかります。

山ぶどうもとても貴重な素材。夏に採取して、蔓から皮を剥いでじっくり1年間乾燥させ、編み上げます。森の恵みの温かさと手作りのぬくもりが 込められています。

 

篭 製 品 ギ ャ ラ リ ー

あけびづる篭1

あけびづる篭1

 

あけびづる篭2

あけびづる篭2

 

あけびづる篭3

あけびづる篭3

 

山ぶどうづる篭

山ぶどうづる篭

 

くるみ皮の篭1

くるみ皮の篭1

 

くるみ皮の篭2

くるみ皮の篭2

 

くるみ皮の篭3

くるみ皮の篭3

 

くるみ皮の篭4

くるみ皮の篭4

 

 

 

農 の 暮 ら し と 里 の 恵 み

 

 
 

奥羽の森

 

西和賀町内で篭、木工、かんじき創作等に打 ち込んでおられる方々の作品です。どれも長年培われてきた技能が込められた銘品です。残念ながら、現在では高齢化のため生産を終了したものも多くあります。

 

かんじきについては、完全に生産終了しました。たんきり飴・米飴については現在は生産を休止しています。あけび蔓・くるみ皮の篭製品については、小規模に制作を維持しているようです。本サイトでは西和賀の文化的遺産としての紹介の意味で、掲載をしております。

 

木工製品については、引き続き続けていらっしゃいますので、本サイトからもご利用をどうぞお待ちしております。箸・積み木等木工製品は「WOOD工房」より直送いたします。

 

<お願い>
・ 初回ご注文の商品はご入金をいただいた後の発送とさせていただいております。どうかご諒承のほど宜しくお願いいたします。

・入力した連絡先情報をクッキーに保存しますので、何度も入力する必要はありません。クッキーをオフに している方は利用できません。必ずクッキーをオンにしてください。

 

 

お問い合わせ先

 

 

▼木工品

岩手県和賀郡西和賀町鷲ノ巣50-72
WOOD工房ブナの森

TEL 0197-82-2136(竹澤直樹)

→WOOD工房へのご照会メールはこちら

 

 

▼あけび蔓の篭

岩手県和賀郡西和賀町沢内字若畑11地割69-1
若畑高齢者創作館

TEL 080-9090-5181(藤原 功)

工房に直接お越しいただいても結構です。畑仕事等で不在の場合もありますので、念のためお電話をいただいてからの方が確実です。

 

 

▼たんきり飴・米飴

岩手県和賀郡西和賀町沢内字泉沢1地割90
佐藤タダ子(「岩手県食の匠」)

TEL 0197-85-2351

今後の製造や作り方などお問い合わせこちらにお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © 奥羽の山里農村いちば All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.