奥羽の山里農村いちば
たんきり飴・米飴
プロフィール 畑のたより オーブン付 き
薪ストーブ
田畑の土壌分析 郷土料理 沢内の昔話 特定商取引 法に
基づく表示
リンク集

岩手県西部・奥羽山脈の山深い里にある農産品のショップです。広大な ブナ原生林の山麓で育まれた、山村文化の息づく土地の授かりものを多くの人に感じ受け取っていただきたいと願い、当園で生産した農薬を使わない農産物や、磨かれ た匠の技による加工品民芸品を販売しています。

園主(スタッフ)の渡辺です。新規移 住したこの奥羽の山村で田舎暮ら し を楽しみつつ、農業生産に全力で取り組んでいます。小学生〜保育園児3人の子育ても、農業のうち、かも?


昔懐かしい手づくり米飴

なつかし味の素朴な飴っこ

たんきり飴・米飴

昔懐かしい素朴な「飴っこ」はいかがですか? 

た んがからんだときになめる「たんきり飴」という名の菓子が全国各地で作られています。「岩手県食の匠」であるタダ子さんの飴は餅米・麦芽の自然の甘味を持 つ素朴な味わいで、「和賀の飴」として当地で親しまれているものです。子どもたちがお菓子をほしがるとき、市販の飴などよりも安心してあげられます。私た ちも見学・実習して作り方を教わってきて、共感し、自信を持って販売いたします。


「たんきり飴」は根強いファンも多い、息の長いロングセラーの健康食品です。素材も単純で安心ですよ(当地のものはショウガは入りません)。

どのような組み合わせでも対応いたします。


コメアメ

麦芽水飴の「米飴」も健康的な懐かし味の人気製品です。マクロビオティックに対応した食品としても食卓にお役立てください。


「食の匠」とは、岩手県が認定した郷土食・伝統食を作る技を持つ人のことです。 これを保存、伝承するとともに、岩手ならではの食文化をまるごと発信しようとするための認証制度です。


▼たんきり飴・米飴製造
岩手県和賀郡西和賀町沢内字泉沢1地割90
佐藤タダ子(TEL 0197-85-2351)
「岩手県食の匠」


【厳冬期以外はクール便の使用が必要となりますことをご了承お願いいたします】

    

<お願い>
・ 初回ご注文の商品はご入金をいただいた後の発送とさせていただいております。どうかご諒承のほど宜しくお願いいたします。

・入力した連絡先情報をクッキーに保存しますので、何度も入力する必要はありません。クッキーをオフに している方は利用できません。必ずクッキーをオンにしてください。

たんきり飴はチョコレートに似て飴が形を失って融合した状態になってしまいやすいです。冬以外は クール便での発送を強くおすすめしております(5kgまで+210円)。到着後保存は冷凍でお願いいたします(在庫はこちらでも冷凍保存しています)。なお、飴が溶け てべったりした時は、いったん袋ごと冷凍 してから包丁で食べやすいサイズに切っていただくとよろしいかと思います。冬期間は常温で発送します。5個程度であればお得なレターパック(360円)でお送りいたします。

[TA-1]たんきり飴・1袋(100g)

価 格:250円
(税込・送料別 クール

【数量(個)】:

 


□内容:たんきり飴(原材料 餅米・麦芽〜うち粉として小麦粉を使用しています)

[TA-2]「米飴」(麦芽水飴)・1個(200g)

価 格:550円
  (税込・送料別)

【数量(個)】:

 


□内容:米飴(原材料 餅米・麦芽)

[TA-3]たんきり飴と米飴の贈答用セット

価 格:2,700円(税込・送料別 クール

【数量(セット個数)】:

 


□内容:たんきり飴6個と米飴3個をセットにしたお得な商品です。贈り物にかがですか?
たんきり飴の作り方

大麦からできた麦芽

麦芽を乾燥して粉に

麦芽と餅米の絞り汁を煮詰める

棒を使って飴を引っ張る

白くなるまで引っ張って

小麦粉の上で棒状に伸ばす

手ごろなサイズに切って

完成。結構力がいります

ご家庭でも作ってみませんか

■材料(約200個分)
餅米…1升、麦芽…50g、小麦粉…200g(とり粉)

■作り方
1. 大麦を十分浸漬し、布の袋に入れて温かい所におき芽を1cm位に伸ばし、麦もやし(麦芽)を作る。
2. 出来た麦芽をほぐして乾燥し、うすでたたいて粉にする。
3. 餅米を一夜水につけ、3倍程の水を加えて粥状に煮る。
4. 指を入れられる位(約60度)にさましたら、2の麦芽を入れてかき混ぜ、56度〜60度で保温して一晩おく。
5. これを木綿袋に入れてしぼり、しぼり汁を、かき混ぜながらとろ火で8時間程度煮詰める。目安は、ねばりがでて大きな泡が出るまで。
6. 煮詰めた飴をカギに引っかけて、何度もひっぱる。
7. 飴色から白く変わったところで小麦粉の上にとり、棒状に伸ばして包丁で切る。

■料理のポイント
1. 飴の煮詰め加減がポイント。軟らか過ぎても形にならないし、硬過ぎると今度はひっぱりにくくなったりする。
2. 現在では、麦芽を冷凍保存しておきすぐ使えるようにしている。




Copyright (C) 2017 奥羽の山里農村いちば. All Rights Reserved.