岩手・西和賀の農産品と田舎暮らし情報をお届けします

小麦

小麦タイトルロゴ

 

雪国が育んだ “雪っこ小麦”

本年産小麦出荷開始しました

 

2007 年秋に初めて蒔いた小麦も10年以上年月を重ねてまいりました。4月後半の雪解けより生育を再開し、7月中下旬に刈り取り、雨よけハウス内で1か月間乾燥させ脱穀します。にんにくと1年おきに輪作し、にんにくを植え付けする時に地元産堆肥や豚糞とカキ殼のみを与え、農薬を使わず育てています。

もともと自分たち自身がパンなどの自家用に使いたいという目的で始めた小麦ですが、お客さまからのご注文も多く頂戴し、灯油使用の強制乾燥でない、ハセ掛けによる“自然乾燥”にこだわって、そのため小規模に限定しつつ栽培しています。

小麦において特に自然な乾燥は、主観的感想かもしれませんがある意味お米以上に良い風味を醸成してくれて要因になっているのではないかと感じております。少量のパ ン焼きや家庭用にご使用にご用命くださいましたらと思います。

 

麦栽培の記録秋の農繁期まっただ中に慌ただしく種まきをして。。
やがて深まり行く秋の中鮮やかな緑の葉を出し、そして深い雪の下に。。
米よりも長い9か月余りを経て、やっと麦秋を迎えます。
刈り取り・脱穀ともにかなりの手間を掛け、乾燥を終え、やっと実が。。

パンに向く品種を作付けしています。少量ずつご家庭で製粉されご利用いただければと思います。

 

品種:「南部小麦」「アリーナ」

も ともと多雪地帯で融雪が遅く春も寒いここ奥羽の山村は平坦地より収量も少なく小麦の適地とはいえません。出穂期も収穫期も遅れますが、早い時期に播種し じっくりゆっくり時間をかけて育てています。現在、岩手の食文化を支えてきた「南部小麦」、そして「アリーナ」という晩生で長棹性の、かつて岩手県二戸市 に赴任したシュトルム神父がヨーロッパから持ち込んだと言われている品種を作付けしています。どちらの品種もパンにした時の風味には好評をいただいていま す。南部小麦は中力とされ、アリーナは南部よりもやや強力です。多雪地帯につき大規模バラマキ栽培はうまくいかず、手はかかりますが写真のように筋蒔きに しています。少量でも関心がおありの方にご提供していきたいと考えて栽培しています。

[W-1]「南部小麦」自然乾燥玄麦

価 格:400円/玄麦1kg(税込・送料別)

【数量(kg)】 :  

 2019年産出荷中です(在庫32kgです)

 


 

[W-2「アリーナ」自然乾燥玄麦

価 格:400円/玄麦1kg(税込・送料別)

【数量(kg)】 :  

 2019年産出荷中です(在庫47kgです)

 


 

アリーナの収穫当地は秋が短くて冬が長いため、9月下旬の秋彼岸の頃に播種しています。播種前日には46度の風呂消毒 を行っていますが、文献にあるように10時間も浸けるとかえって発芽が落ちるよ うで、5時間程度にとどめる方が良さそうです。草対策もありますので、全面蒔きよりも条播きで栽培しています。大変貴重なアリーナ小麦は一時種子 を減 らしておりましたが、少しずつ出荷量も確保できるようになりました。


刈り取り日のアリーナの白い穂(写真は2012.7.28午後)。1条刈りバインダーで刈り取り、運搬車で運びハウス内のハセに掛 け乾燥させています。現在も変わらず続けています。

 

小麦の選別脱穀後の小麦には茎や穂のカラがいっぱい含まれておりますので、これを取り除いてやらねばなりません。そのために導入したのがこの「唐箕」です。このような クラシックなものはいまは販売されておりません。リサイクルのお店で見つけて購入しました。左の前方からは最も軽いカラが、左側下から次の悪いものが飛 び、右下に収穫される実が入ってきます。面倒がらずに、あらかじめフルイで茎や殻など大まかなゴミを取り除いてから唐箕にかけるのがベストです。

 

麦の籾摺り機かけ現在は稲の籾摺り機でゴミを飛ばし選別作業を行います。古いなどの前作業は不要で、選別も一度ですみます。ただ小麦が機械内に残るので、自家消費用の飯米を最初に籾摺りして、機械から玄麦を取り除く手間が難点です。

 

 

 

 

【農法1〜有機質のみで栽培しています】

お米の場合と同様に、有機質肥料のみを投入し、農薬を使わないで育てています。通常の量を多く穫る農法は化学肥料を多用し、除草剤で草 を抑えま すが、これを行いません。化学肥料や農薬を使わないものを、というお客様のご要望に応える小麦を生産しております。

地域の畜産家から集配し地元の堆肥センターで作られた堆肥、および窒素分の補給として県内産豚糞を使用して栽培しています。に んにくと交互の輪作としており、前年のにんにくに施した肥料の残りを小麦に吸わせるという形にしております。

【使用資材・肥料】
牛糞堆肥/石灰/豚糞

 

 

【農法2〜自然乾燥にこだわっています】

小麦ハセ掛け小 麦の収穫期は雨が多い梅雨末期。コンバインで収穫する方は好天のタイミングで刈って乾燥機に入れることになると思いますが、私たちは適期まで待ち刈ってい ます。現状では水稲育苗ハウスに収納できる規模ですので、この乾燥ハウスの中で、雨に当てずじっくりじっくり干しています。「小麦色」らしい色で仕上がる のも嬉しい点です。

農 の 暮 ら し と 里 の 恵 み

 

 

 

現在の小麦について

昨年産はにんにくの作付けのための土壌改良のため小麦を1作お休みし、ご迷惑をおかけいたしました。2019年夏には通常通り収穫でき出荷を開始いたしました。またライ麦は需要も少なく、また小麦出荷品への混入を避けるために生産を終了し、その面積も小麦の作付けに回しました。

 

<お願い>
・ 初回ご注文の商品は、お先のご入金をお願いさせていただいております。どうかご諒承のほど宜しくお願いいたします。
・入力した連絡先情報をクッキーに保存しますので、何度も入力する必要はありません。クッキーをオフにしている方は利用できません。必ずクッキーをオンに してください。

 

 

製粉について

農閑期を迎える晩秋になりますが、ご希望の方には製粉を行います(製粉委託料金は 100円/1kgの実費のご負担をお願いします)。例年、玄麦での販売がほぼ終了した後に残り分を製粉に回しており、製粉でのお届けは11月頃になりますので宜しくお願いいたします。

 

お隣雫石町にある風情ある機械が稼働する老舗の良い製粉所です。製粉した麦は精白部分とフスマが別の袋に分けて仕上がりますので、ご自由な比率でブレンドし全粒粉としてお召し上がりいただくのもよろしいかと思います。なお、玄麦や蕎麦をお持ちの方からよくお問い合わせをいただきますが、この「高村製麺所」(岩手県岩手郡雫石町町裏65・TEL 019-692-2759)は小ロットでの持ち込みに対応してくれる製粉所ですので、ご利用を希望の方はお問い合わせしてみてください。

 

 

乾燥中の南部小麦

 

自然乾燥が終了した南部小麦(雨に当てずに乾燥しています)

 

 

麦の脱穀

 

ハーベスタで脱穀中(8月中下旬)

 

 

小麦の粒

 

小麦は脱穀した段階で、殻は取れてしまい左のような粒状態で収穫されますので、お米のような「もみ」ではありません。写真のこの茶色い表面部分がフスマで、製粉段階で別にふるい分けられます。

 

計量についてのお願い

製粉所の工程でフスマが別に分けられて仕上がってきますが、玄麦のご注文の方と価 格を整合するため、小麦粉のご注文の際はフスマ込の計量とさせていただきます(10kgのご注文ですと精白した粉8〜9kg+フスマ1〜2kgのお届けと なります)。無農薬のフスマです。適宜ブレンドしてお好みの 全粒粉の風味をお楽しみください。

 

梱包について

玄麦の少量の出荷の場合、レターパックで配送します。1kgですと距離を問わず一律360円、2kgですと一律510円になります。

 

 

 

小麦栽培の四季

 

麦刈り

 

小麦のバインダー刈り取りで恐いのが、畑の上に露出した石に機械をぶつけてしまうことです。石の多い畑では浮かし気味にして慎重に刈っていきます。

 

小麦乾燥

 

当園ではハウスの中で乾燥します。詰めれば結構な量が掛けられますよ。夏の陽射しでしっかり乾燥を行います。

 

小麦の脱穀

 

約3週間の乾燥を終え7月下旬〜お盆の頃にかけて脱穀している様子。稲と同じハーベスタです。このあと選別作業が待っています(ページ右)。

 

小麦の播種

 

年間の流れでは最後に播種の季節ですね。ここで は9月下旬。草対策ができるよう筋蒔きとします。トラクタの尾輪で跡を付けここに蒔き、長靴で覆土します。

 

オーブン付きストーブ

 

わが家では国内産の小型オーブン付き薪ストーブで暖を取りつつ、家庭用にクッキーやケーキを焼いておりま す。自然乾燥の小麦粉で思い思いのひとときをお作りになってください…。

 

 

PAGETOP
Copyright © 奥羽の山里農村いちば All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.