南部小麦(収穫乾燥後8月後半の出荷予定です)

¥480¥9,000

例年早期に完売することが多く、2022年産ご利用の予定がございましたらご注文お受けしております(後のキャンセルや数量変更も可能です)。農薬化学肥料を使用せず、天日乾燥で仕上げた「南部小麦」です。岩手の食文化を支えてきた昔からの小麦です。玄麦・精白粉ともにお受けしますが、製粉にはまとまった分量が揃うことと製粉所への往来にお時間をいただいており、ご了承のほど宜しくお願いいたします。

→アリーナ等との同梱やご自由な数量をご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりお願いいたします。

クリア
商品コード: W1 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明

雪国が育んだ “雪っこ小麦”

小麦の栽培記録秋の農繁期まっただ中に慌ただしく種まきをして、
やがて深まり行く秋の中鮮やかな緑の葉を出し、そして深い雪の下に、、。
米よりも長い9か月余りを経て、やっと麦秋を迎えます。
刈り取り・脱穀ともにかなりの手間を掛け、乾燥を終え、やっと実が、、。

パンに向く品種です。少量ずつご家庭で製粉されご利用いただければと思います。

2007 年秋に初めて蒔いた小麦も年月を重ねてまいりました。4月後半の雪解けより生育を再開し、7月中下旬に刈り取り、雨よけハウス内で1か月間乾燥させ脱穀しま す。

パン1
札幌市新田さんによる農園産小麦のパン

もともと自分たち自身がパンなどの自家用に使いたいという目的で始めた小麦ですが、お客さまからのご注文も 多く頂戴し、灯油使用の強制乾燥でない、ハセ掛けによる“自然乾燥”にこだわって、そのため小規模に限定しつつ栽培し ています。

小麦において特に自然な乾燥は、主観的感想かもしれませんがある意味お米以上に良い風味を醸成してくれて要因になっているのではないかと感じております。少量のパン焼きや家庭用ご活用くださいましたらと思います。

 

 ▶︎品種:「南部小麦」

カボチャの南部小麦カンパーニュ
秋田市薪ベーカーカボチャさんによる農園産南部小麦によるカンパーニュ

もともと多雪地帯で融雪が遅く春も寒いここ奥羽の山村は平坦地より収量も少なく小麦の適地とはいえません。出穂期も収穫期も遅れますが、早い時期に播種しじっくりゆっくり時間をかけて育てています。昭和26年(1951年)に育成され岩手の食文化を支えてきた「南部小麦」は、当地では大変貴重な長期間の積雪に耐えてくれる小麦です。ヨーロッパ原産のスペルト小麦とか日本でも古くから作付けのある農林61号も挑戦してみましたが、雪に負け春には消失していました。多雪地帯につき大規模バラマキ栽培はうまくいかず、手はかかりますが筋蒔きに しています。

岩手県ではパンに向くと言われる「ゆきちから」という強力の品種があり当園でも作付け経験がありましたが、名前に反して雪に弱く、あまりにも短稈で収量も低くて2〜3年で断念した経緯があります(最下段の小麦乾燥中の写真に写っている白い小麦です)。南部小麦も実際それほど多収という品種でない面もあり、ハセ掛け自然乾燥のスタイルでは大規模の生産はできませんが、関心がおありの方にご提供していきたいと考えて栽培しています。

▶︎小麦の選別中(籾摺り機使用)麦の籾摺り機選別

 

 

 

 

南部小麦出芽南部小麦が出芽しました。紅葉の時期になります。雪の訪れが早いこの地域ではとにかく早く種を蒔いて、根雪前にある程度しっかりした生育を達成して欲しいのです。春もまた雪のため生育の再開が遅れるのです。

 

 

 

ストーブでパン焼きわが家では国内産の小型オーブン付き薪ストーブで暖を取りつつ、家庭用にパンやケーキを焼いておりま す。無農薬 自然乾燥の小麦粉で思い思いのひとときをお作りになってください…。

 

 

 

 

南部小麦麦秋草対策もありますので、全面蒔きよりも条播きで栽培しています。面積としては需要の多い南部小麦が多く作付けをしています。

刈り取りは7月半ば。当園ではにんにくの収穫後に南部小麦の収穫と続きます。

 

 

唐箕選別前の篩かけ脱穀後の小麦には茎や穂のカラがいっぱい含まれておりますので、これを取り除いてやらねばなりません。そのために使われるのが「唐箕」です。ただ唐箕にかける前には粗選別として大きなゴミだけは取り除いてやるほうが能率が上がります。何と言っても手間はかかりますし、現在は上に掲載した籾摺り機(稲用のもの)を使います。籾摺り機では唐箕にはない籾摺りの「摺る」機能によって、玄麦に付着した殻まで除去できることでより完全な選別を行えるようになっています。

 

【自然乾燥にこだわっています】

小麦の収穫期は雨が多い梅雨末期。コンバインで収穫する方は好天のタイミングで刈って乾燥機に入れることになると思いますが、私たちは適期まで待ち刈ってい ます。現状では水稲育苗ハウスに収納できる規模ですので、この乾燥ハウスの中で、雨に当てずじっくりじっくり干しています。「小麦色」らしい色で仕上がる のも嬉しい点です。

小麦栽培の四季

小麦の刈り取り
小麦のバインダー刈り取りで恐いのが、畑のため 石に機械をぶつけてしまうことです。浮かし気味にして慎重に刈っていきます。
小麦の乾燥
小規模生産ですのでハウスの中で乾燥します。詰めれば結構な量が掛けられます。夏の陽射しでしっかり乾燥を行います。
小麦の脱穀
約3週間の乾燥を終え8月中旬に脱穀している様 子。イネと同じハーベスタです。このあと選別作業が待っています(籾摺り機を使います)。
小麦の播種
年間の流れでは最後に播種の季節ですね。ここで は9月下旬。草対策ができるよう筋蒔きとします。トラクタの尾輪で跡を付けここに蒔き、長靴で覆土します。

追加情報

重さ - kg

レビュー

レビューはまだありません。

“南部小麦(収穫乾燥後8月後半の出荷予定です)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。