岩手・西和賀の農産品と田舎暮らし情報をお届けします

にんにく

  • HOME »
  • にんにく

にんにくページロゴ

 

さっぱり系のにんにくです

新にんにく収穫・乾燥中です

 

奥羽の里の深い雪の布団に土もにんにくも守られながら、じっくりと育くまれたにんにくです。本年も新にんにくの収穫期となり、ホワイト六片から収穫を始め、茎切り・乾燥の作業を行っています。今年のにんにくもどうぞ宜しくお願いいたします。例年そうではあるのですが、今年もSサイズに満たない小ぶりのものも多く採れ、今年からSSサイズの規格をご用意させていただくことにいたしました。S品よりもひとまわり小さく料理の際に扱いづらい面があるかとは存じますが、食味としては全く変わりありませんので、よろしければご活用いただければ幸いに存じます。

にんにくといえばアスパラと並び多肥栽培の代表的作目で、一般に大量の化学肥料が投入されて大玉を目指す農法が主流になりますが、当園ではあくまで有機質肥料のみで育てたにんにくにこだわりたく、そうしたお客さまのご希望に応えたいと思っています。化学肥料を使わないことと、自然な乾燥によって、キツさのないマイルドな味わいのにんにくになるようです。今後とも生き生きした旨味を出せるよう研鑽し努力してまいりたいと思います。

キロ単位での販売がメインになりますが、個数でのご注文にも対応しております。また1キロ以下のご入用の際はその旨をお伝えください。

毎年7月末までに配送ご希望の場合は、生(半生)にんにくでの出荷となります。なおお盆過ぎ8月20日頃から通常の乾燥にんにくの出荷を始めますが、例年 9月10〜10月10日頃の期間は秋の繁忙期につき皮むき処理等の作業が行えず、それ以降に出荷をお待たせさせていただいており、宜しくお願いいたします。

青果品としての鮮度の期限はおよそ3月までになりますので、春以降、次の収穫期までは乾燥ガーリックスライスをご利用いただければ幸いです。

 

福地ホワイト六片

にんにく皮むき後

人気の青森県産の種子球「福地ホワイト六片」を最も多く作付けしています。農薬を使用せず有機質肥料のみを投入しております。雪消えが遅く春の生育が遅れることと化学肥料を使っていないことで、店頭で見るようなサイズにはなかなかなりませんが、くせのないさっぱりした風味を楽しんでいただけます。

[G-1]福地ホワイト六片〜Mサイズ1kg

価格:3,000円(税込・送料別)

【数量(kg)】 :  

 生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

[G-2]福地ホワイト六片〜Sサイズ1kg

価格:2,300円(税込・送料別)
【数量(kg)】 :  

 生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

[G-5]福地ホワイト六片〜SSサイズ1kg

価格:1,800円(税込・送料別)
【数量(kg)】 :  

 生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

[G-3]福地ホワイト六片〜Mサイズ1個

価格:120円(税込・送料別)【数量(個)】 :  

 生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

[G-4]福地ホワイト六片〜Sサイズ1個

価格:60円(税込・送料別)【数量(個)】 :  

 生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

 

■Mサイズは約30個で1kg、Sサイズはおよそ45個で1kg、SSはおよそ60個くらいで1kgになる大きさとなります。多少の個体差はご了承ください。施肥量を抑えた農法のため、慣行栽培に比べ小ぶりになりますことを、どうぞご了承お願いいたします。

 

 

八木にんにく

横手市増田町八木集落で伝承されて来た在来品種

八木吊るし乾燥中ふるさと八木地域での伝統的な軒下乾燥の 様子

八木にんにくは少量の作付けです。現状ではMサイズ以上はなかなか収穫できないので、S品の出荷のみでお願いいたします。

 

八木の赤色表皮の赤みが特に強いものを集めてみました。

メジャーな青森品種だけでなく、むしろ風土の近い身近な地域で細々と作り続けられている品種に力を入れたいと 考えて栽培しています。青森のホワイトより出芽揃いは悪く、分球が不完全なものもあり、「八幡平」とともに栽培は難しいと感じています。秋田ではこの「八木」を初夏のまだりん片が十分でない時期に掘り取って、ノビル(ヒロッコ)のように生で食べる習慣があります。結球品としての美しさはありませんので、むしろりん片の実質の風味を味わっていただければと思います。

[G-7]八木にんにく〜Sサイズ1kg

価格:2,700円(税込・送料別)

【数量(kg)】 :   生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

■Sサイズはおよそ45個で 1kgにな る大きさとなります。多少の個体差はご了承ください。

[G-9]八木にんにく〜SSサイズ1kg

価格:2,200円(税込・送料別)
【数量(kg)】 :   生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

■SSサイズはおよそ60個で1kgになる大きさとなります。多少の個体差はご了承ください。

[G-8]八木にんにく〜Sサイズ1個

価格:80円(税込・送料別)
【数量(個)】 :   生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

八木生育中生育中の八木。ここ県境の町岩手県西和賀町のお隣の秋田県でこの品種を大切に育て続けている農家の方から分けていただき、栽培していま す。

種球の取得が難しい希少品種で、当園の自家種で再生産しております。大きめのサイズは種用に確保しなくてはならず、現在は種球確保を優 先しつつ、次年度の全体の出荷サイズ底上げのため、努力を続けています。Sサイズ品のみの出荷になりますが、宜しくお願いいたします。

 

八幡平にんにく

岩手県八幡平地域で栽培されて来た在来品種

八幡平にんにく岩手県内のにんにく在来種として、八幡平系が知られており、おそらくこの1 種のみになると思われます。八幡平地域(旧松尾村等)で昭和50年代に出荷されていた品種で、現在はほとんど流通の見られない希少にんにくになります。当園では2009年秋に、この品種を守り育てていた盛岡農業高校より譲られてこの種球を植え付け、以後少しずつ拡大を進めてきました。ただ欠株が多く大きくなりにくい傾向が続いて、なかなか拡大につながってこず、苦戦しながら栽培を続けています。八木と同様少量の栽培ですが、よろしければお試しください。八幡平にんにくもS品の出荷のみでお願いいたします。

 

八幡平収穫直前にんにくの品種では何といってもメジャーな青森産種苗(福地ホワイト六 片)が種子購入も容易で容姿も良く、栽培しやすいのですが、岩手固有の在来作物にも向き合い力を入れたいと思っています。なかなか一朝一夕にはいきませんが、 全国に広く流通する青森のホワイト六片よりも、「岩手産品種」と、そしてここ西和賀地方からもほど近い秋田県産八木にんにくをしっかりお届けできるよう準備をしてい るところです。

この『八幡平系』については岩手日報紙上でも何度か取り上げられており、「無農薬栽培に適した」との評価もなされています。実際のところ出芽率が低く結球も大きくなれず、拡張栽培 には 「八木」と同様苦戦していますが、当園でも種球を選抜していく中でしっかりしたものを増やしていき、名実ともに岩手原産のにんにくの生産に力を注ぎたいと思います。 地域の食育・食文化とも密接なつながりを持つ昔ながらの「在来品種」が見直される傾向にあります。栽培技術を確立し、安定供給が可能になった際には、拡大してメインの品種にしたいと思います。

八木と八幡平は共にホワイト六片よりも休眠が深いため、当地では発根発芽は翌春になり、とても遅いです。植え付け後休眠がすぐに解けて萌芽するホワイト六片が逆に食用貯蔵のものも晩秋に内部に出芽の緑色が混じってくるのに対し、食用面では良好と言えます。

[G-10]八幡平にんにく〜Sサイズ1kg

価格:2,700円(税込・送料別)
【数量(kg)】 :   生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

■Sサイズはおよそ45個で1kgになる大きさとなります。多少の個体差はご了承ください。

[G-12]八幡平にんにく〜SSサイズ1kg

価格:2,200円(税込・送料別)
【数量(kg)】 :   生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

■SSサイズはおよそ60個で1kgになる大きさとなります。多少の個体差はご了承ください。

[G-11]八幡平にんにく〜Sサイズ1個

価格:80円(税込・送料別)
【数量(個)】 :   生で出荷中です(乾燥は8/20〜)

 

にんにく加工製品

黒にんにく、乾燥スライスにんにくを出荷しています。有機質肥料・自然乾燥栽培の風味がそのまま反映され た味になっていま す。長期のお手軽なご利用と 健康の増進にお役立ていただけるよう加工生産を続けています。現在27年産を加工した在庫があります。安価にて出荷いたしますので、ご希望の数量単位での ご注文もございましたらお待ちしています。

[G-13] 黒にんにく(3個入 約55g)

黒にんにく調味液等は使用せず、シンプルに発酵させた黒にんにくです。青果の風味が生きた味わいに仕上がっています。サイズはSサイズ品になります。健康の増進にお役立てください。またご自宅で発酵作業ができる方は、ぜひ青果よりお作りになってください。

価格:350円(税込・送料別)

【数量(パック)】 :  

 

黒にんにく中身黒にんにくはバラ販売もしています。さまざまな品種とサイズで作りますので、ご予算額 を示していただければ、サイズを取り混ぜながら見合った分量を出荷させていただきます(結球は1個当たり70〜120円)。日々、常食していただける価格 帯の黒にんにくを作りたいと心がけて おります。結球のものより安価なりん片の状態での黒にんにくも作っています ので、よろしければご用命ください。バラ品はレジ袋等へのざっくりした梱包になります。貯蔵瓶などに入れて保管ください。ご希望の多い価格帯を下記にセット化しましたのでご参照ください。

[G-14]黒にんにく〜3,000円セット

価格:3,000円(税込・送料込)
【数量(セット)】 :     2018年産在庫ございます

[G-15]黒にんにく〜5,000円セット

価格:5,000円(税込・送料込)
【数量(セット)】 :  

結球品のみで、あるいはりん片も可、などご希望があれば添えてください。サイズや形状を考慮して額に見合った量を梱包いたします。簡易包装になります。送料込み価格です。

 

[G-17]ガーリック・スライス(30g入)


価格:300円(税込・送料別)ガーリックスライス写真

 販売を終了しました

【数量(パック)】 :  

スライスにんにくについても、簡易パッケージでの300g、500g等のご注文に応じますので、こちらもお気軽にご用命ください。次回製造は2019年晩秋の予定です。

にんにくは氷温状態で貯蔵して も、翌年の早春までが貯蔵限界で、その後次の収穫までの期間は通常は青果として出荷するのは困難です。そうした時期の需要に 応えるためにご用意させていただきました。乾燥スライス・黒にんにくともに長期保存が可能です。

 

黒にんにく生産中黒にんにく製造中。保温釜の底部分に 木炭を並べて空間を 作り、全体をキッチンペーパーでくるみました。加温10〜12日で発酵を終了とし、乾燥ネットで水分を取り落ち着かせた後、保存瓶で冷暗所貯蔵します(加 温終了後も熟成は続いています)。

 

【農法1〜有機質を使用しています】

にんにくは個人的に好きな作目でもあり、10年以上栽培を続けています。無理に大玉を狙わず、あくまで有機質肥料のみの少肥設計での栽 培にこだわっています。もちろん大きいのが収穫できれば嬉しいのですが、なかなかそうはいきません。

よく「にんにくを作ると土を壊してしまう」という言い方がされます。多肥料設計と密植栽培が原因だと思います。それを避け、土に負荷の かからない栽培法で、永続的農業のスタイルを目指していきたいと考えます。

当園では、連作にならないよう毎年小麦と輪作としています。小麦の刈り取り直後(7月下旬)に堆肥と米ぬかを撒いて耕うんし、40日後 に石灰と豚 糞 を入れて最終の耕うんをし、9月20日頃より、まず休眠が浅く出芽の早いホワイト六片から植え付けとしています。八木と八幡平は稲刈りが終わった10月になってから植え付けます。最初の耕うんでは丁寧に雑草をすき込むようにし、草の力も地力増進に役立ってもらいます。

多めの肥料分を要求するにんにく栽培では「自然栽培」は難しいと感じています。米ぬかや草の利用を効果的に取り入れつつ、豚糞や牛糞堆肥を補給しています。施肥時と春の雪解け時にカキ殻石灰を散布しています。

【使用資材・肥料】
牛糞堆肥/米ぬか/石灰(カキ殼)/豚糞/

不思議なことに有機質だけで栽培したにんにくは、強烈な「にんにく臭さ」が少ないです。もちろん無臭ではなく、翌日ににおいが残らないとまではいきませんが、さっぱりした風味です。これは自然乾燥にもよるところが大きいと思います。

 

【農法2〜灯油を使わない自然な乾燥にこだわっています】

にんにく栽培でいちばん難しいのが<乾燥作業>です。通常の市場出荷のものは石油を使って乾燥しています。均一で確実な乾燥ができるからです。わが家は厳密な乾燥法ではありませんが、米や小麦と同様に自然乾燥をモットーにしています。直接ビニールハウス内に置いたのでは光線が強すぎ て良くありませ ん。写真のようにビニール屋根の上にシルバータフベルを掛けて柔 らかな遮光をしています。どんなに日差しが強い日でも外気より若干涼しい感じになっています。垂木を挟んでコンテナの風通しを狙っています。また小麦も同時乾燥中で、鳩除けに防風ネットで囲っています。

にんにくは乾燥温が35度を超えると茶色の飴色に変色する部分が出てしまいます(「煮え」と呼んでいます)。そうならないよう、穏やかな気温でじっくり乾燥を心がけています。重さで3割減の時に乾燥を終了し、種子用を除き-2度設定の冷蔵庫で貯蔵しています。

農 の 暮 ら し と 里 の 恵 み

 

 

 

にんにくロゴ

 

「福地ホワイト六片」が 主力品種になりますが、お隣秋田県の横手市近郊、『釣りキチ三平』のふるさと増田町で栽培され続けてきた在来品種「八木にんにく」の種子を取得し、栽培しております。風土としてこちらととても近い場所ですし、希少品種ですので大事に育てていきたいです。福地ホワイトよりもほんのりとした甘さが感じられる品種です。下記のフォームより お 願いいたします。また岩手唯一の在来種「八幡平系」も力を入れて増量生産中です。併せて宜しくお願いいたします。メインはホワイト六片で、こちらが作付けの7割に相当します。

 

<お願い>
・ 初回ご注文の商品はご入金をいただいた後の発送とさせていただいております。どうかご諒承のほど宜しくお願いいたします。

・入力した連絡先情報をクッキーに保存しますので、何度も入力する必要はありません。クッキーをオフにしている方は利用できません。必ずクッキーをオンにしてください。

 

 

にんにく乾燥中

 

にんにくを乾燥中の様子です。ハウスには遮光シルバーを掛けて温度が上がり過ぎないようにしています。 中に金属のハセを設置して、ネットに入れたにんにくを2つ折りに掛けています。刈り取った小麦も同時乾燥中です。黒ケースに入れているのは種用です。

 

 

 

 

冷蔵庫

 

にんにく用のチルド保存冷蔵庫を使用しています。-1度前後の適切な気温で貯蔵できる体勢になっております。概ね3月頃までは良い状態で貯蔵し、ご注文に応じ出荷しております。

 

 

温泉黒にんにく

 

地元湯本温泉で温泉熱を使って製造した黒にんにくが発売されました。こちらに販売ページを用意しましたので興味ある方はどうぞご覧になってください。

 

 

にんにくの種子利用について

 

当園では自家種用を除いて全量を-2〜-1度の氷温冷蔵貯蔵としており、原則として食用として出荷させていただいております(種子用は常温あるいは軽い冷蔵の貯蔵が適するとされております)。また農薬による病害に対する防除処理は行っておりませんので病害虫の被害を受けている可能性も否定できません。もしにんにくを種子に利用される場合には、この点をご了解くださって、りん片をよく目視でご確認いただきながら植え付けくださるようにお願いいたします(りん片の皮を完全に剥いて目で確認して植えるツルツル農法をお勧めします)。

 

 

生にんにくのお届けについて

 

生にんにく

 

収穫直後から2,3週間以内で生状態のにんにくをお届けすることができます(通常7月末までで生としては終了します)。ご自宅のベラン ダ等の風通しが良く直射日光が避けられる場所に、付属のネットの入れて乾燥していただきながら、随時必要分を取り出して食べていただけます。掘りたてのジューシーなにんにくを味わっていただけます。1か月程度吊るしていただいた後に残ったにんに くは、下記のように冷暗所保存をお願いいたします。なかなか流通事情で出回らない、一番新鮮な旬の時期のものを、限られた時期ですが多く召し上がってい ただきたいと思います。水分を多く含み重い分を勘案して、乾燥時の重量を想定して計量します(乾燥後の1kgは収穫直後は約1.3kgになります)。透明感あるみずみずしい掘りたて生にんにく。まるごとアルミホイル焼きも goodです!

 

 

にんにくの保存法

 

8月中までは荷物が届きましたら、ネットに入れて常温暗所で保存していただきながら、随時取り出して食べていただけます。直射日光を避けて、なるべく風通しの良い状態にしてください。9月頃になりましたら、今度は秋に芽が出てくるのを防ぐため冷蔵庫に入れて保存していただ くのがベストです。過乾燥にならないよう、新聞紙にくるんでいただくと良いです。場所さえあれば、0度冷蔵(チルド冷蔵室)が鮮度保持に最も良いとされています。1カケラずつに割って薄皮も剥き、タッパーに入れて冷凍していただくと変わらぬ風味を味わっていただけます。またこの剥いたカケラのものを醤油に漬け、冷蔵庫に保存していただく手もあります。長期保存可能です。なお、黒にんにくはカビやすい性質を持っていますので、どの時期のものも必ず冷蔵庫へ入れて保存してください。

 

緑肥

 

田から転換してにんにく畑にした時です。土作りとして、春蒔きした緑肥エン麦が十分育った7月後半に、堆肥とともにすき込みしました。その後9月中旬からホワイト六片の植え付け時期になり、10月になって八木、八幡平の順に植え付けします(田からの転換時で、毎年は行えません)。

 

 

盛岡農業高校による「八幡平にんにく」の取り組み

 

昭和50年代に一時出荷が栄えたものの、55年冷害を機に岩手県八幡平地域ではこの地に伝わる在来にんにく栽培が減少し、寒さに強いほうれん草栽培に切り替えたり、にんにくでもホワイト六片を作付けし、幻の存在となった「八幡平系」ですが、この品種をもう一度盛り上げようと取り組んだのが盛岡農業高校です(2000年代の後半)。植え付け後の欠株を減らすための土壌学的研究や、イベント等でのにんにく販売、現在はよく見られるようになった「にんにく醤油」の開発や販売など、その多面的な取り組みは岩手日報紙でも取り上げられたところです。

盛岡農業高校

 

種は盛岡農業高校より頂戴しました。盛農では教育の一環として、この品種を守りながら商品開発に力を注いでいました。右は同校で製造したにんにく醤油です(2009年秋)。

 

にんにく外皮の色合い

 

上がホワイト六片、下が在来種「八木」です。在来品種の方が薄皮 の赤みが強いです。りん片を包む皮の色はもっと顕著で、ホワイトは黄色、八木は茶色になります。希少品種ですので、一度お試しいただき一般的なホワイト六片との違いをお確かめになってみてください。

 

 

 

にんにく栽培の四季

 

 

にんにく植え付け

 

植え付け風景(9月下旬)

 

植え付けのりん片

 

カケラに剥いた種子。最近はりん片の皮まで剥いて植える「ツルツル植え」が推奨されています。

 

翌春の生育再開後

 

翌春の生育再開時(4月下旬)

 

生育中

 

収穫1か月前(6月上旬)

 

収穫後とハサミ

 

皮剥きと根切りの出荷作業(専門の鋏を使います)

 

 

黒にんにくを使ったメニューです

 

▼女優で料理の本も出版しておられる服部真湖さんは当園の黒にんにくを召し上がっていただいています。黒にんにくを使ったお料理を数点ご紹介くださったので、掲載いたします。餡の具材とかソースなど料理に幅広くお使いいただけます。

 

ハムサンド

 

イングリッシュマフィンのポテトサラダハムサンド(ブランチにもぴったり)

 

柿

 

季節の熟したフルーツ(今回は柿)にクリームチーズとはちみつディプを添えて(ワインやデザートに)

 

水餃子

 

当園の玄米入り香草とえのきの水餃子エスニック風(お好みでゴマダレ、ポン酢、食べるラー油、などなど。揚げてあんかけにしても)

 

ポテトサラダ

 

黒にんにく入りのポテトサラダ(マヨネーズ少なめでサラダにのせてお好みのドレッシングと一緒に)

 

トースト

 

ラムレーズンみたいと好評なクリームチーズとはちみつディプ(熱いトーストにのせて)

 

 

 

絶品! 八幡平の「にんにくの芽」

 

 

八幡平のトウ

 

 

八幡平の最大の特徴は、100%立派なトウ立ちがみられることです。そして、実に美味です。スーパー等でトウすなわち「にんにくの芽」にあまりお目にかかれない理由は、流通する最主力品種であるホワイト六片があまりきちんとしたトウ立ちをしないという性質によると思われます。八幡平にんにくは当地では6月下旬に立ってくるので、毎日見回って摘んでやります。そうしないとにんにくが小さくなってしまうからです。そして摘み取ったトウ(にんにくの芽)は食べます。油炒めは絶品です。また冷蔵庫でかなり長期間持ちますので、ゆっくりと時間をかけて食べることができます。

PAGETOP
Copyright © 奥羽の山里農村いちば All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.