種まき2019
今年も種まきの季節になりました。どうも天候が不順で雪が毎日降ったりしましたが、いずれ蒔かなければならず、ずっと続いた寒気の反動もそのうち来るだろうと、今年は4月12日に播種をしました。1日では作業は終わらず、翌日に覆土を完了させて、プール枠内へ並べました。

ほんの気持ちほどですが、昨年よりも厚く蒔いています。ここのような寒冷地にあっては、やはり分げつは少ないですし、少しでも欠株を減らしつつ、全体の茎の本数は向上させて、坪の株数はこれまで通り少なくして風通しは良く、というイメージで考えています。


箱並べ終わり
いわてっことひとめぼれで全部で118枚だったでしょうか。面積は5反歩をちょっと切る感じです。1反歩当たり22枚の箱を使う勘定です。両品種の比率は3:2くらいです。

箱にはまずラブシートを掛け、その上に何年もシルバーシートを習慣的に掛けておりましたが、ここは雪もまだ残るし日中の日照が少ない地域のため、気温・地温が上がらず、出芽には時間がかかっておりました。時間がかかりすぎると、発芽不良も発生します。そこで近年は芽が出る前はシルバーよりも透明なシートの方が箱の温度が上がるため、写真のようにラブシートの上に透明シート(穴あき)をかぶせる方式を基本とし、よほど好天になった時には温度の上昇を抑制するために上にシルバーを掛けるというやり方にしています。夜温はまだ0度近くまで下がるため、夜は写真のこの上に布団の意味でシルバーを掛けます。シルバーは曇りや雨の日は朝外し、晴れの日はそのまま掛け続けるという作戦です。


ハンベエナシの剪定
イワテヤマナシ(ハンベエナシ)の剪定も行いました。左が剪定前、右が後です。定植してまる6年何もしていなかったので、ずいぶん枝が混み合ってました。先日のイワテヤマナシ研究会で、「主幹形」から「開心形」へという原則を学びましたので、それに基づいて不要な枝を付け根から切り落とし(間引き)、各枝の先端部を切り(切り返し)、そして幹のてっぺんを枝分かれする地点で切って、上へ伸びないようにしました。太い横向きの枝を最終的には3〜4本伸ばしていくのが目標になります。



ハンベエナシの剪定2
ついでにもう1本紹介します。専門家の目に止まれば笑われるかもしれませんね。。脚立から上ったり降りたり、いろんな方向から眺めて思案し、決心する。こうやって木と向き合っている時間というのは、とても楽しいです。この後にはブルーベリーの雪囲い紐を解いて、剪定にも着手し、終日剪定の日になりましたが、私は好きな作業です。地面の草取りと違ってしゃがむわけでもないですしね。鋏を腰にぶら下げる袋(革製のような)が欲しいと感じました。

ちなみにブルーベリーでは先端部に花芽が付いている枝については切り返しをすると花芽をなくしてしまうために、切り返しは花芽の付いていない枝や、地際などからビューっと伸びた新しい枝などに対して行うようです。太くなった幹も多く残してしまっていて、それらは地際で切断しました(もちろんそれらは花芽も付いたままバッサリですが)。ビューっと伸びた枝(シュートとかサッカーといわれるもの)はほとんどが地際で切り捨ててしまうようですが、太くなった老幹との更新にする意味では、少し残すと良いようです。

去年はやまなしもブルーベリーも不作の年でした。剪定には豊作の年と不作の年とが起こらないように均一化して採れるようにするための技であるそうで、毎年欠かさずに、しかも適切に行いたいものです。剪定だけは実際に自分で木と向き合って実践しないことには、理解できない技術ですね。


マルカンソフト
余談ですが、水稲の種まき用培土(「花巻酵素」製)を花巻に買いに行った際に、有名な「マルカン大食堂」に寄ってきました。一番人気はこの180円のソフトです。箸で食べるというものですね。


ナポリカツ
2番人気の「ナポリカツ」です。私はオムライスを頼み、分け合いながら食べてみましたが、どちらも昔懐かしい味わいでありました。平日のお昼時でリニューアル後時間も経っているということで、それほどの混雑ではありませんでした(娘がいるのは春休み中だからです)。

さて、今日は町の議会議員選挙の告示日です。候補予定者はいまのところ定数と一致しています。午後5時にどういう結果になっているか、波乱が起きるのか、当選祝いを今日やるのか、日曜日に持ち越して戦いが始まるのか、各陣営は緊張の朝を迎えています。果たしてどんな1日になるでしょうか?


Follow me!