に投稿 コメントを残す

小麦を収穫しました

アリーナ刈り取り

毎日必ず雨がいつかの時間に降っているという、異例の年になっています。気温的にはいまのところ冷夏とは言えないですが、湿度があまりにも高く、りんどうにも、また稲にも病害が出ないか非常に不安な昨今です。当園ではお盆需要期から彼岸をまたぎ10月下旬までの約3か月間、切り花りんどうを出荷しています。ちょうどにんにくと小麦の収穫が終わって、それからりんどうの出荷が始まるという形になっていて、りんどうの出荷が立て込んでくる前に、いつもハラハラと天候を見て刈り取り時期を思案するのがアリーナ小麦になります。

アリーナ小麦は二戸市にかつて布教に訪れ滞在したシュトルム神父がスイスから持ち込んだ小麦と聞いていて、それを継いでいるものです。時代的にはとても古い品種になると思いますが、パンによく合うと評価いただいており、絶やすことなく作り続けたい小麦です。当地の日本一(世界一?)とも言われる長大な積雪期間にも耐えてくれるありがたい小麦です。

ちなみに、改めていまシュトルム神父を検索していて、伝記が刊行されていることを知り、注文をしました。追って、シュトルム神父やこの小麦についても得られることがあったらお伝えしたいと思います。

 

アリーナ小麦

アリーナは長棹品種で極晩生。いつも7月25日頃に刈り取りしています。今年は雪解けが早かったことと、このあとしばらく雨が続く感じなので、昨日23日に刈り取りし、ハウスの中へと搬送してハセ掛けをしました。

アリーナはにんにくと交互に輪作しています。その関係でにんにくの残り肥料を吸って育つため無肥料になります。にんにくと1:1じゃなくアリーナの方が少し広いため、にんにくでなく小麦連作になる箇所も少しあり、ここはやはり生育が劣ります。単純明快です。

 

 

ハセ掛けした南部小麦

こちらはハセ掛け中の南部小麦。これは7月18日に刈り取りしました。南部小麦の畑は単独の小麦地帯で、やはり収量はそれほど上がっていません。稲は地力で穫れ、小麦は肥料で穫れと言われるように、小麦については肥料分が必要なんですね。自然栽培という農法が最も高度な農業の形であることは言うまでもないと思いますが、肥料分を米ぬかや籾殻等に求めるやり方では本当になかなか大変だと思います。特に当地のような多雪の寒冷地では。。もちろん草対策にどれだけ手がかけられるかも大きいため、肥料だけの話ではありませんし、そもそも自然栽培には収量とはまた別次元の価値もあり消費者は共感を覚えます。とはいいながらも、にんにくの助けを借りているアリーナと、南部小麦の収量の差を見るにつけ、肥沃な畑の価値を改めて痛感させられる次第です。

この南部小麦は、今年はすでに予約分でいっぱいになっているために、新規での出荷はできません。この秋は南部小麦も畑の面積を増やし、かつ施肥についても鶏糞の使用になりますがこれまでよりも多めに施用する計画です。草取り対策がどれだけできるか心配ではありますが、来年のいま頃はもっと大手を振って南部小麦の出荷販売にアピールもしていけたらと願っております。

 

アリーナ乾燥中

アリーナ小麦の方は、肥料のせいもあって今年は例年よりも多く穫れている手応えです。脱穀してみないとわかりませんが、こちらはしっかり供給できればと思っています。

また、この秋には、以前栽培しつつ受注が少なかったために一度やめたライ麦を再開します。去年はそれに似た思いから古代品種の「スペルト小麦」を秋に播種しましたが、この春、見事に消失し、雪に対する弱さだったのかと実感したところですが、ライ麦は経験があるので大丈夫と思います。以前は玄麦での販売主体で売れ行きがよくなかったことから、今度は製粉主体で販売したいと思っています。できてみないとわかりませんが、ライ麦は背もかなり高くまたバインダーでの結束不良が起きやすくて、刈り取りも、ハセ掛けもワザがいります。

 

 

緑肥の漉き込み

南部小麦を増やす畑です。ここは去年まで牧草地になっておりましたが、春に一度耕耘し、緑肥用エンバク・ヘイオーツを播種しました。播種から2か月余り経ち、トラクターですき込んでいるところです。南部小麦を刈り取った同じ日に、その小麦跡地とこちら新規南部小麦予定地の両方を耕耘しました。エンバクがこれから2か月の間に地力増進に役立ってくれることを期待し、来年の南部小麦の収量アップにつながってほしいものです。

 

小麦跡地米ぬか散布

 

さて、昨日刈り取ったアリーナ小麦の跡地は、今度はにんにくの植え付けになるため、今日、早速土作りに米ぬかを散布しました。かなり大量に入っています(8アールで300kgくらいです)。

当園は米ぬかを多用する農法を特徴としています。たらの芽が始まる頃から米ぬかの採取を始め、3〜6月前半採取分は5月初めの耕耘前の田の元肥ボカシと田植え後の米ぬか層を作るための散布になり、6月後半からの採取は7月末のこのアリーナ小麦刈り取り後のにんにく向けの散布になり、このあと本日午後に耕耘します。併せて、花巻酵素社製の「ライズ」を10kg余り撒いています。そして8月以降に採取した米ぬかは、10月後半あるいは11月の初めににんにくの畝の上に撒いて、これは雪解け後に腐熟した米ぬかが追肥に作用してくれるようにとの施用です。11月から2月前半までは米ぬかの採集はお休みです。寒天出張に行ったりもしていますし。

この米ぬかを撒いた後はすぐ耕起し、そして1か月後の8月下旬に鶏糞と貝化石資材(石灰補給)を撒いて耕耘し、そして畝立てをしてにんにく植え付けがいつでも始められるようにします。9月は大変忙しいので、9月1日を過ぎたら、作業の空き時間を見てホワイト六片の植え付けを少しずつでも進めます。そして彼岸りんどう出荷、小麦種まき、稲刈り、を経て10月になったら八木と八幡平を植え付けします。ホワイト六片はせわしなく、稲刈りなどを挟みながら9月末までに植え終えられるようにします。それを過ぎてしまうと小さくなってしまうので。。

 

りんどうの本格出荷が始まる前に、いろいろと終えておかなくてはならず、今日日中の晴天はとても貴重です。

 

に投稿 コメントを残す

にんにくを掘っています

ホワイト六片収穫始め

7月に入り、毎日のように雨が降り続いています。九州は集中豪雨になっていて大変お気の毒に思います。梅雨前線が上昇してくればこちらも同じ状況があり得ますが、台風とかだと勢力が落ち着いてから来ることが多く、その点は南西の地域の方々が深刻と思います。土砂降りの雨というよりも、霧雨から小雨がずっと続くという傾向が強いここ奥羽の7月です(これから下旬はどうなるかわかりませんが)。

そういう悪天続きの中ですが、少しでも雨の中休みがあれば、間髪を入れずにんにく掘りを最優先に作業を進めています。とはいえまず雨露が消えてくる10時以降にならないと着手できませんが。。

まずは早生であるホワイト六片から始め、7月6日に全部掘り終えました。全体の5/8がホワイト六片ですので、一気というわけにはいきませんで、何回かに分けての収穫です。にんにくは掘り遅れてそこに雨が続くと茎葉が軟弱になってくる上に、結球の上部が裂け始めてきて、抜くと切れてしまいます。これは一番嫌な状態で、商品性も著しく低下します。遅れてこうなるよりはむしろ早めに掘った方が、見た目も綺麗で商品性も高いと思っています。毎年梅雨のさなかの収穫になるので、当園のように1反歩弱でも神経を使うのですから、何倍もやられている産地の専業の方の気苦労はいかばかりかと思います。理想の掘るタイミングの期間は結構タイトなので、1週間くらいの間に決着をつけているのではないでしょうか。規模の大きい方はきっと収穫機械で掘っているんですね。動画で見たことがありますが。

その点当園では早生のホワイトに加え、中生の八木、晩生の八幡平とあるので、収穫時も、また植え付け時も長いスパンの中で作業ができるのは好都合です。青森の産地のようにホワイト六片だけで何反部とか何町歩となると、やっぱり機械なんでしょう。

 

根茎切り

掘ったにんにくは何時間か畑のその掘った場所に置いてざっと乾燥させ、そして黒いコンテナに集めて作業場に搬送します。これでまずは一安心。今日掘ったものが全部室内に揃えばまずは雨が降っても大丈夫です。ここでコンテナから1本ずつ取って茎と根を切ります。この写真の時は朝大慌てで掘っていた時に雨が降り始め、ちょっと濡らしてしまいました。それで根と茎を切った後、すぐにコンテナやネットに入れずに、ハウスの中へ持って行き、1個1個が重ならないように並べてムレが取れるようにしました。今日あたりはもう次の工程として乾燥させるためにネットに入れて、吊るす作業をします。

 

Mサイズ品

今年は例年よりもちょっと大きめにできました。雪解けが早かったことで生育の期間がいつもよりあったことと、去年の秋のうちに米ぬかを畝全体(マルチ全体に)に散布して、雪の下で良い感じに熟成して春に追肥になれ、と撒いた米ぬかの効果もあったかと思います。米ぬか追肥、今年もやって、加えて乳酸菌の補給の効果も与えたいところです。春の雪消えを早めるには、現状では3月終わり頃に炭の粉を雪に撒いて消雪を早めてやることしか手立てはありません。除雪機でにんにくの上の雪を歩いて飛ばすのもおっかないですし、炭の粉は土壌にも効果があると思います。

 

八木の1列と八幡平

こちら、八木にんにくは1列の面積で、同じく7月6日に掘り上げました。こうしてしばらく並べてから集めるわけですが、その日の予定分を全部掘って並べ終わってから、さあ集めようとする流れにすると、途中で雨が降ってきた際に雨に当ててしまうことになります。何度かに分けて、適度に乾いたら集めつつ、次のにんにくを掘って行き、最後に回収という感じで進めます。梅雨時ですから。ましてや今年の梅雨空は例年以上です。

 

八木2020

今年の八木です。こちらもやや大きめにできました。八木は分球が良くないものも多いです。こちら西和賀の積算気温が足りないせいなのかもしれませんが、2片しかないようなものは見た目も良くないので、種に回します。1片としてはその分大きくなっているので種向きです。Mサイズも採れているのですが、それは残念ながら出荷用ではなくて種用に回すしかありません。そもそもの量も少ないですので。

 

にんにくスライム種

こちらは、私が勝手に「スライム」と呼んでいる1片ものです。土から掘り上げる通常のにんにくは土壌から何らかの病害を得てしまっていることもありますが、「珠芽」と呼ばれる空中の茎の部分にできる赤い塊は土壌の病害からは安全な種として活用することができます。珠芽そのものは小さくて、それが翌年の収穫で写真のようなスライム形の1片ものになることがあります。結球して2〜3片に分球している場合ももちろんありますが、それらは植え付けりん片としては小さすぎて、廃棄します。上のようなスライムはこれで1個の植え付けになるため、翌年は立派なにんにくになることが期待でき、かつ、病害を受けていにくい安全性を期待することができるわけです。にんにくの種を購入するのは、実は危険な行為で、最も安全性が高いのが、珠芽から新しい畑で栽培をすることと言われております。

 

進入路造成工事

さて、長年、このタラノキの下の田んぼには機械の進入路がなくて、隣の畑の畦畔部をおそるおそる通ってトラクターや運搬車などを圃場に入れていました。今回、地元の水路工事のついでの作業で、よく慣れた重機使いの方に進入路を造作してもらいました。タラノキ園はちょうど重機のいるあたりが無駄な畦畔スペースになっていたので、そこまで進出していたタラノキを何本か倒すことになりますが、立派な進入口を作ってもらえて大満足です。

 

船久保洞窟1

さて、話は変わりますが、岩手県紫波町にある「船久保洞窟」に子どもたちと行ってきました。IBCラジオでレポートしていたのを聞き、これは行ってみなくてはと思っていて、5日の日曜日に訪れました。予約の電話を入れ、地元の案内ガイドの方に導かれての洞窟探索でした。

 

船久保洞窟2

洞窟内は見事な鍾乳石群で覆われていて、空中にはコウモリが飛び交っていました。

 

船久保洞窟3

龍泉洞や安家洞のような大規模のものではありませんが、もちろん他に誰もいなくて、洞窟を満喫することができました。上から垂れる石灰を含んだ水が石筍を形成しています。私は広島生まれで、小学校の修学旅行ではお隣山口県の秋芳洞や秋吉台を見て以来、こうした場所が大好きです。

 

船久保洞窟4

天井にはキクガシラコウモリが止まっています。案内の方は噛まれたこともあるらしいですが、穏やかな気質のコウモリらしく、また日本にいるコウモリはコロナウイルスとかは持っていないということでした。でもあまり刺激するようなことはしない方が良いとのことでした。いまは昼で休息している時間なので、そっとしていれば何も攻撃は仕掛けてこないということで。

 

船久保洞窟5

この狭い箇所は最初の洞窟の入り口からすぐのところで、光も見えています。が、ここは後にあとから作られた入り口で、本当の入り口は別のもっと険しい感じのところにあるそうです。ここは縄文人たちが住んでいて、土器や火を焚いた後の炭なども残っていて、いまはどこかの博物館に保管してあるそうです。縄文の後期だとか。ただいつからいつまでの期間というのはわからないそうで。後期の作風の土器があったという話でした。岩手の冬は厳しいため、冬だけここで過ごしていたのではという解説でした。この写真の入り口はなかったので、もっと険しい方から出入りしていたのだと思われます。コウモリもそこから出入りしているんですね。

 

 

船久保洞窟6

茶色っぽくなっているのは、石灰岩の性質にコウモリの糞などが合わさって化学反応を起こした形なのだとか。

 

船久保洞窟7

入り口にある看板です。中は電灯もあり、解説を聞きながらの約30分程度の探索になります。高校生以上300円。中学生以下200円の料金がかかります。岩手でもあまり知られておらず、ひっそりと佇んでいます。興味がおありの方は紫波町観光協会のサイトをご覧ください。他にも洞窟専門のサイトにも掲載されています。

気温は12度で、夏場の方が良さそうですね。

この辺りから東は北上山地になり、龍泉洞のある岩泉なども含めて石灰岩が豊富な洞窟地帯です。石灰岩があるところは大昔は海だったという話です。松茸とかトリュフとかも採れるのでしたね。われわれの地方は奥羽山系になり、こっちは酸性土壌で洞窟も石灰岩もありません。。。

 

志和稲荷2020年

紫波町を旅したのにはもう一つ目的があり、それは志和稲荷神社の参詣です。こっちへ移住した当初の20数年前に、田植えなどの一連の春作業が一段落する6〜7月の時期に、近所のおばあさんたちがここ志和稲荷へ行きたいとのことで、私が運転して訪れていました。私自身は全くこういうのには縁もゆかりもありませんでしたが、農業という仕事が自然任せの五穀豊穣をただ祈るのみのような不安定な業種でもありますし、ましてや私は他業種から転向した素人です。神様の力に頼らずにはやっていけなかったことでしょう。いまはおばあさんたちは高齢で参拝もできませんが、私自身習慣になっていて、できるだけ訪れようと思っています。去年は来ませんでした。それで、というわけでもないでしょうが、秋の台風19号では小さな車庫が飛ばされてしまい、急遽撤去して再建するという思わぬ大きな出費が打撃となりました。やはり神様の力ですね。

というわけで、一度来ると、来なかった時にこういう理由づけにもなってしまいますし、毎年参拝した方が良いのでしょう。思想として云々ということは私は考えていませんし、子どもたちにも、日本のこの東北の山村に生まれたものとして自然に身についた文化なんだというように捉えて欲しいと思っています。

写真は中風除とあり、祀られている木彫りの神様を撫で、自分の頭を撫でて中風(脳血管の病気)になりませんように、と願う場所です。

 

 

に投稿 コメントを残す

タラノメの出荷が始まりました

タラノメ上段

先週はやや寒い日が続きましたが、週末から現在にかけて暖かい日が続き、タラノメも一気に芽吹きが進んで、最初に伏せ込みを始めた上段からベッドからやっと出荷が始まりました。これからは収穫適期を迎えた駒木を施設から取り出して取り置きし、空いたスペースに次の駒木を伏せ込むという作業が続きます。出荷は注文に応じ、取り置きのものを出荷直前に裁断し出荷します。

 

ただ、現在、新型コロナのための自粛傾向により、盛岡市内の料理店さんもかなり大変なようです。タラノメの注文は確実に減るだろうし、いろんな売り方を考えなければなりませんね。。

 

タラノメ中段

こちらは中段のタラノメ。こちらも良い感じになってきてます。途切れることのないようななだらかな一定量の出荷が続いてくれて、しかも無事収穫したものが売れれば良いのですが。。適期の受注がうまくいかないことは生鮮品の販売のネックですね。。

 

タラノメ下段

最近伏せ込みが終わった下段はまだ芽吹いていません。これは多分4月近くになってからの出荷になるでしょうか。とりあえず全部スペースは埋め尽くしたので、一段落です。

 

タラノメの作業は1日がかりというわけではなく、時間はふんだんにあります。農閑期ではありますし、この機会にWordPressで昨年構築し直したHPにクレジット決済の機能を付けようという課題にいま取り組んでいるところです。

 

クレジットやコンビニの支払いはできないのかとお客さんからの問い合わせがあったことにもよりますが、いまの時代、郵貯やJAバンクへの振り込みでお願いするというのは、やはり時代遅れですよね。とはいえ、小規模農家がVISAやMASTERといったカード会社と契約をするというのは現実的ではありません。中小規模のネット事業者はクレジット決済代行会社と契約し、審査もあった上でですが仲介してもらう流れになります。それで商品代金の5%くらいを手数料として代行に支払って、お客さんは商品代金(+送料)のみの実費で済み、銀行振込のような手数料はかからずに、しかもすぐに買い物作業ができてしまいます。また、われわれ販売者の方も、代金の不払いというようなケースから逃れることができます。

 

小規模事業者向けのクレジット決済代行会社は探せばあります。ただ、問題は希望する代行会社と自分のサイトのショッピングカートがマッチしていないといけないという点です。私は長らくショッピングカートCGIのプログラムを、無料のものですがサイトよりダウンロードして、カスタマイズして使っていました(現在もまだそうです)。とても使いやすく満足しています。去年WordPressにサイトの本体を移植した時に、いろいろ本やWeb記事で学びましたが、WordPressはセキュリティに脆弱だという記載に多数出会いました。CGIであれば、WordPressの外に動かしているサーバーがあるし、仮にWordPress本体が何らかの攻撃に遭ったりしても、別のところだから大丈夫ではないか、と思っておりました。それにCGIはフォームのタグをカートを表示させたい箇所にぺたんと貼り付けるだけなので、1つのお米のページの中に、いわてっことひとめぼれの両方のカートを並べて設置することも可能でした。大量の記事の中にカートを好きなように散りばめることができます。

 

ただ、そのCGIプログラムそのものが提携しているカード代行との契約しかできない仕組みになっていて、そこは残念ながら小規模農家には明らかにマイナスになる相応の月額使用料が発生する会社になっていました。とはいえ、古いCGIを使い続けることにデメリットもあるよというアドバイスも最近受けて、やはりここは、自分の希望する決済代行会社と対応しているショッピングカートを導入し直そうと決心したところです。

 

この新しいショッピングのシステムを十分使いこなし、現状以上の表現が実現できるならば、その時には古いCGIとお別れすることにすれば良いのではないか、と思っています。もちろん新しいカートでも銀行振込の選択はできますし、よく利用してくださっているみなさんが全てカード決済に移行してくださるとも限りません。やってみないとわかりませんが。。

 

タラノメ屋根

さて、農業の方ですが、去年の夏のちょっとだけ作業が楽だった時に設置し直した新しい屋根のもと、日中の気温が以前より上がってくれて、より良い環境となりました。材料費はかかりましたが、透明なポリカ波板を2枚重ねにしています。雪の重みに耐えてもらうためです。前はパイプの上にコンパネを敷いていましたが、今回ポリカのみとしたことで、横の単管パイプの数を増やし、強度を高めました。晴れているときは光線が強すぎることもあり、稲の育苗で使うラブシートを上段のみに掛けて穏やかな遮光としています。

 

タラノメ穂木

奥の作業場から穂木を出して来ました。今年は実は穂木がやや少ないのです。前回も書きましたが、10月の長雨等で根腐れを起こしたのでしょう。隣は田で漏水もありますし、タラノメは湿害に弱いので転作田は注意すべきと資料には必ず書かれています。

 

現在、田と離れた別の区域にタラノキ圃場を移設する計画を構想しています。そちらが完成したときは現在の畑は掘り返して整地するので面積は変わりませんが。。

 

穂木がやや少ないことは新型コロナの影響がある現状では、まあ良しとしなければいけないことでしょうか。ちょうど送別会などで飲食店さんは賑わう時期で、そこにしっかりとタラノメを提供したかったのですが、どうなることか、全く不透明です。また、花き農家で現在花を出荷している方々も、単価が上がらないというような苦戦を強いられているのではないでしょうか?

 

インフルエンザと違って暖かくなったら活動が弱まるものではない、という報道もあるようで、長期化すればもちろん当園にとっても夏場のりんどうの需要にも影響が出ますし、不安は募りますね。農家の皆さんすべてがそうかもしれません。ただ、食べ物は食べますから、飲食店では需要が減っても、各個人個人の消費者の当面のタラノメの需要が減っているということではないでしょうし、いずれ、いろんな努力で乗り切っていくしかありません。

 

ブルーベリー挿し木

去年の4月頃に剪定したブルーベリー「アーリーブルー」の若い枝を挿して挿し木で育て、一冬経ったいま、ポットに移植しました。これをこのままもう1年育て来年の雪解け後に畑に定植したら良いのではないかと思っています。この春に植えつけても、次の冬の雪でバキバキに折られることでしょう。今度の冬も作業場で守ってから植え付けたいと思います。

 

餃子

高1の娘が休校で家に戻って来ています。ご飯の支度をしてくれて、助かっています。家内が遅番の日の夜に餃子を作りました。かなり上出来でした。私もこのようなおかずで晩酌することは、寒天出張の間はありえませんでしたから、楽しい夕食になりました。中には春雨が入っていて、これも美味しさをアップしてくれたと思います。信州大学の時、隣の部屋の東洋史専攻の同級生と手作り餃子会をしたことがありますが、その時に春雨を入れるのだと教わりました。何十年も経って、それが娘によって実現されたことは、喜ばしいことでした。今度は皮も手作りしてみたいと思います。そんなに難しいことではなさそうです。大きめの厚い皮で、数を少なめに作ってみたいところです。

 

クレジット代行に費用がかかるのは致し方ありませんが、ショッピングカートそのものにまた費用がかかるというのは現状の規模では避けたいところです。やはり希望するカード代行に対応したWordPressのプラグインの中からカートを選択して設置をやり遂げて、同時にセキュリティ面は常に意識を持って対策を取っていくこととしたいと思っています。

 

クレジット代行について岩手の農家さんはどのようにしているか、関係機関に問い合わせてみましたが、あまり事例がないとのことでした。ネット販売農家が少ないということではないと思います。推測ですが、アマゾンや楽天、ヤフーなどの巨大モールへの出店や、非農家の運営する農産物の販売サイトに自家産品を委託する、という方式が増えているのだと思います(決済に悩む必要などありません)。他方、IT業者は各地方都市にいるはずで、農家のサイト全体の運営を決済代行まで含めて業者さんに任せている例が多いのではと思います(独自ドメインの農家で)。農家自身が最先端の技術を得て、作業の全てに従事することはなかなか困難です。

 

WordPressは深い森であり、私のような初心者にとっては霧の中をさまよっているような手探りで進んでいるような感じです。作業が止まってしまうと、そこで何時間も停滞が起き、まあそんな時はタラノメ作業したりブログ記事を書いたりですが、そのうちに何かしら仄かな光が差して来て、ちょっとだけ前進し、ということのくり返しです。農家はもっと生産の方に集中し、面倒な技術的なことは専門家に任せておく方が効率的だ、という意見が大勢なのでしょう。ただ、苦労して作り続けたサイトには思い入れもあるし、こだわり感も深まっていくように感じます。雪が多い地域に暮らす農家だからこそ時間も取れるということもあります。自分でやれることには挑戦し続けたいと思います。ただ、やはり欲しいのは助言者、ですね。。農業の指導機関の中にこうした専門家を配置してくれて、県内農家からの技術的な相談に乗れる人がいても良いんじゃないかと思います。