岩手・西和賀の農産品と田舎暮らし情報をお届けします
奥羽の山里新着情報館

月別アーカイブ: 2019年5月

桜の季節です

一本桜2019

10連休も終わり、今年も畑のそばの一本桜が見頃になって、外の作業も本格化して来ました。タラノメの方はさすがに役目を終え、出荷の方は終了とし、あとは贈答や自家用で利用していく感じです。この一本桜の開花とともに,これから延々と続くりんどうの「芽かき作業」が始まります。もちろん田んぼに堆肥を散らしたり耕起したり、諸々の作業と同時進行ですが、一番の根気のいる長い作業になります。

 

枝垂れ桜補正
近所のしだれ桜(沢内の名所です)が美しいです。こどもの日の夕暮れ時、せっかくなのでパフェを作ろうという話になり,30分くらい早めに切り上げて20分離れたスーパーに向かう途中です。

 

 

五葉山山頂
連休中も農作業が中心ですが、5月4日の好天に恵まれた日、今回もですが一番下の子と大船渡の五葉山へハイキングに出かけて来ました。

登り2時間半、下り1時間半の行程で,山頂ではお湯を沸かしてカップ麺の昼食。お湯を沸かす時にウィンナーを入れて茹で,持参した野菜炒めとともに山頂での時間を楽しみました。

以前はオプチマスの00という灯油燃料のメタ(固形アルコール)予熱式のストーブを使っていましたが、ポンピング部分に不具合があったりして、現在はカセットボンベを装着して使用づるバーナーに変わっています。

 

五葉山山頂から
わかりづらいかもしれませんが、五葉山山頂からは太平洋が一望されます。この眺めを見たくて五葉山を訪れるんですね。

 

なだらかな五葉山の尾根
山頂から尾根筋の下りです。なだらかでのどかな景色ですね。途中油断して道を間違えてしまいました。ちょうど今回のために娘に方位磁石を買って与えていたのですが、それが示す北の方角がなんか違うと言い、確かに登るときに見た記憶がない景色です。あそこで間違えたんだなと気づいて10分くらい戻って、正しいルートに至りました。娘がちゃんとコンパスを有意義に使いこなしてくれてありがたいことでした(登山前に、山で遭難して娘の活躍でコンパスでルートを把握し生還できるかもよ、などと話をした通りになりました)。

 

五葉山山頂手前の水場
山頂一歩手前の水場です。事前にルートをネットで調べますが、あんまり明記されていないのが水場です。昔は登山用の地図を持参して登りましたから、水場は必ず記されていましたが、こっちでの低山では地図も持たずに出かけます。今回の水場は承知していましたが、それでももしかして水が枯れている可能性も考えて家から持って来て、この水場で入れ替えとしました。

 

奇跡の一本松
下山後は大船渡の堤防で釣りでも、と思い準備はしていましたが、結局時間も過ぎてしまっているし、今回は陸前高田へ出てから内陸へと戻ってまいりました。奇跡の一本松を見て、駐車場内の八木澤醤油店のしょうゆソフトを娘が食べて、大満足のようでした。

一本松はひっきりなしに観光客の列が続き、本当にこの地での観光名所になっているんだなあと思いました。駐車場にも八木澤だけでなく他にも仮設風の店舗が並んでいましたし、連休ということもあり賑わっていました。娘が大人になり、この松の光景を東京とかの人たちと目にしたような機会に,何かしら自分の訪問したことや震災のことについて説明してあげられれば、と思った次第です。

 

堆肥とボカシ散布後
さて、農作業の方ですが、田への堆肥と米ぬかボカシの散布をし、田起こしまで進めました。去年の秋から四駆のトラクターになっており、少々のぬかるみには臆することなく進むことができました(無理は禁物ですが)。あとは苗の様子を見つつ代かきを行い、田植えとなります。去年の田起こしはぬかってひどいものでした。今年は最良の条件で掘ることができました。



品種による生育差
こちらはにんにく畑です。右がホワイト6片、左が八木と八幡平です。ホワイト6片は秋の植え付け後2週間くらいで発芽して冬越ししますが、八木と八幡平は雪解け後の4月後半になってからやっと発芽します。そのためこのような生育差が生まれます。

この差はもちろんだんだん縮まっていきますが。。


ブルーベリー蕾
ブルーベリーは開花直前です。それなりにきちんと剪定はしたつもりでしたが、果たしてどういう収穫結果に至るでしょうか。



タラノメカレーと行者にんにく
タラノメもあとは自家消費です。今年の新作メニューはカレー味です。小麦粉を天ぷら用に水にとく前に塩とカレー粉(粉のカレー粉)を入れて混ぜて、それから水を入れて衣を作り、天ぷらにしてみました。子どもたちにも好評で、美味しいです。行者にんにくのおひたしとともに自家製のおつまみになります。

 

さて、4月30日に盛岡のauショップで自分用の携帯を購入してまいりました。この期間なら娘に買ったiPhoneを学割にできるだろうと思ってですが、肝心のiPhone8がもう製造中止で在庫がないとの話。いずれ用があったので盛岡へ出たついでに、通販とかでiPhoneを買って持ち込んだらどういう手続きになるかといった辺りをショップで話だけでも聞いておきたいと、慣れない携帯ショップなる場所に足を踏み入れたのですが、たまたま、電話で聞いた時はないと言っていたiPhone7が何かのキャンセルで1個ありますということで、急遽購入することになり、この平成最後の日になって、やっと携帯をまず人並みに所持することになった次第です。なければないで構わないとはいえ、冬の寒天出張時にはないと不便だし、いずれ買い物やいろんなコミュニケーション面で、必要なものですよね。社会の趨勢に屈服した敗北感のようなものも若干混じりながらですが、元号が変わった新たなスタートに合わせて生活も少し一新したところです。小4の娘にLINEを教わりつつ。。

この3月にHPをWordPressでリニューアルしましたが、これは結果的にiPhoneからも投稿や修正ができる利点を与えてくれました。高額のMac用ソフトでは、スマホからは多分手出しができませんね。

まだ慣れないせいか、何となく農作業中は部屋においたままにしています。携帯の意味がありませんが、まだ電話もかかってこないし、どこのポケットに入れても落としてしまいそうです。皆さん農作業中はどこに携帯してるんでしょうね。

スマホからのWordPressへの初投稿でした(やはり打ちづらいです)。

 

おひさま米

 

現在はお米を出荷しています

 

1996年に東京から移住して農業を始め、20年余りが経ちました。農村は刺激的でアクティブな日々。。お米やにんにく等をインターネット販売しており、生産の情報や背景の暮らしの様子をブログ記事でお届けしています。

 

 

これまでのブログ記事はこちらです

 

旧ブログロゴ

 

2005年2月から2019年3月までの投稿記事はこちらでどうぞご覧になってください。

岩手の天気

assembled by まめわざ

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGETOP
Copyright © 奥羽の山里農村いちば All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.