プロフィールのページです。山里は子育ての好適地。作 物と同様のびのびと…


プロフィール 畑のたより オーブン付 き
薪ストーブ
田畑の土壌分析 郷土料理 沢内の昔話 特定商取引法に
基づく表示
リンク集

子 ども3人の5人家族。2002年に結婚する前は一人で農業から家事まで細々とやっていましたが、いまは営農の面積も増え、作目の種類も増え、逆にいろいろ 大変にもなってきました。りんどうも増え、アスパラも始めたし、ブルーベリーも収穫開始樹齢となる。2008年秋に作業場兼農機具資材格納庫として作業小 屋を建てました。新たな仕事上の城、拠点ができ、ますますの充実を目指します。

新 奇なものを狙うのじゃなく当たり前の作物を地道に作っていきたいが、私たちの望みは、そこで主食のお米からデザートまでいろんなものが同居する「アグリ パーク」を作っていきたいということです。いずれは石窯を作って自前の麦でピザなど作ったりするのが夢。岩手のファン、この山里のファンになってもらえる 方と一人でも多く知り合えたらと思います。

経営の柱はあくまでりんどうの市場出荷なんですが、やは り無農薬栽培の作物によるパーソナルな交流を通じて、この奥羽の大地での耕す喜びを共感し、楽しみを感じてていただきたい気持ちが強いです。

園主です(渡辺哲哉)
プロフィールフォト
広島市生まれ(かに座・B型)。 高校卒まで郷里で過ごし長野県松本市と東京都で学生時代を過ごして、東京の出版社(医学・看護学書の編集)で6年間会社員をしました。 10年住んだ世田谷区三軒茶屋の4畳半アパートの夢をいまでもよく見ます。

30歳の年を迎えて将来について思いをあらため、「田舎暮らし」への準備を開始。1996年4月より岩手県沢内村へ移住し農業を開始。村の特産品である切り花 りんどうの栽培を柱にしながら、無農薬栽培の産品をインターネット直販する部門を伸ばそうと努力。近年徐々に成果が出つつあります。

産 直施設が多く「地産地消」が喧伝されることの多い岩手にあっても(それは良いことですが)、都市部と異なりここ奥羽の山間地帯では消費者の人や車の往来も少 なく、ほとんどが農家という土地柄で米野菜は家で自給できているという環境であるだけに、産直が賑わうことはありませんね。そうした環境風土にあっては花 巻や遠野等の道の駅・大手産直が栄える地と同等の土俵で競合するにはインターネットなのではないかと考えています。

冬 期の3か月間は町の除雪オペレータとして勤務もしましたが、2010年度からは、冬期の産業部門を起こすための情報収集を兼ねながら、農家より集められた土壌の 分析をするアルバイトで盛岡市へ通勤しています。農村部は仕事の面でも、また病院など健康面でも、買い物等の生活面でも、都会の方へ目が行き、都会の施設 や資本を求める一方向的な流れがあります。それを逆転し、豊かな生活(それは経済面も、幸福度の側面も含めて)を求めて、都会の方から山村へ志向されるよ うな流れを作りたい。盛岡の人が、逆に沢内を求めてまなざしがこちらに向いてくれる時代の到来を目指したいと願っています。奥羽の里に行けば、何かいまま でにない満足で永続できる暮らしが得られるのだと。そのためには当地ならではの産業(農業)が振興することしかないでしょうね。

趣味はバイク・渓流づり・登山だけれど、農作業に追われ現在はやむなく中断。ブルックナーやマーラーが好きだ が、フォルテシモのところで大音響になるため部屋では控え中。作業場で残業しているときの一人の楽しみになっています。。。

マックユーザーだが、なかなか周囲にユーザーがいず、知識が増えるどころか、減っている のが残念。


Copyright (C) 2017 奥羽の山里農村いちば. All Rights Reserved.