農園はいつも慌ただしくて、でも楽しくをモットーに…

平成8年に沢内村へ移住して稲作とりんどうを始めて早や10年余。いつも農作 業は一度きり・ワンチャンスのタイミングをとらえ、積み重ねていくこと。育苗も田植えも稲刈りも、日々の水管理もやり直しはききません。いろいろ試行錯誤 を重ね、田んぼの改良も進めつつ、うまくなってきているはずが、なかなか上手にいかない米作り。最初の難関が苗作り、次は代掻き、でしょうか。

わが家の農業は、りんどうの市場出荷と米・野菜の直販の2本立てになっていま す。このページでは田畑のいろんな作物について紹介していますが、いまのところ、りんどうなど花については直販は行っておりません。一般的な出荷形態であ る150本梱包の箱は家庭消費用には向いていないからです。しかし、お米やにんにくなどのお届けの際にりんどうが咲いている時期でしたら、いくつか短くし て詰めることもできますが。

また冬期間に行っている切り干し大根や漬け物等も交流のきっかけにできれば楽 しさが広がることと思っています。特に冬期間婦人グループで力を入れている郷土料理の宅配セットは、当地域の総力を結集した漬け物・惣菜がぎっしり詰めら れている、地元力の集大成といえます。

それらはただ依託を受けてサイトに陳列しているわけではなく、冬の間に実際に 何度も講習に出かけ、その奥深い技能レベルに触れる機会があった作品たちです。しかも、季節商品を除き夏の間品切れになったりしない産品に限定していま す。

時が積み重なって、技がじっくと現れ出てくる匠の技。農業も、加工・民芸品も 同じですね。自分の専業テリトリーに籠り切ることなく、バラエティ豊かな<農園>をめざして日々奮闘しております。

T O P 

通販部門の柱はやはり稲作です。発芽玄米にも適した自然乾燥米になります。

毎年雪解けとともに、稲作の努力を決意し、秋には来年の手 だてを思い巡らす

何度やっても「完成」などとは言えない稲作は本当に奥深い もの‥

私たちの米作りはそうした手探りの中、次の4つのことを モットーとして取り組んでいます。

1.堆肥とボカシを几帳面に施用すること。

米作りのポイントは数々あれど、味の決めては堆肥による土作り(微生物の活性化)と米ぬかの施用と考えています。堆肥は地元堆肥センターの牛 糞堆肥、ボカシは地元産米ぬか1点のみ使用しています。堆肥は大量投与がよいのではなく、毎年コツコツと1tずつ入れる ことでしょうか。追肥は量を穫るためといわれ、味は落とすとされるため入れていません。

2.苗作りは細やかに神経を使うべし。

「苗半作」といわれるように、農業において、良い苗作りはその作物の一生を左 右することになります。まさに子育てと同じ。いちばん難しいのが種まき後の出芽です。このとき、温度が低かったり、土が乾いたりすると、芽が出ず不揃いな 苗箱となり、失敗作。気温の低い北国では加温機にかけ2晩で一気に目出しさせることで、揃いをよくさせますが、加温機械に入れることはカビや菌を防ぐため 農薬を必要とすることになります。わが家ではシルバーポリ被覆でじっくりと自然出芽。1週間以上かけて緑色のまま出てきた苗は、後半勢いよく生育し、田植 え頃には立派な苗になっています。発芽が揃うまでの風によるポリのめくれは厳禁です(土の乾燥は命取り)。

3.草取りにかいた汗の量だけ、穫れる!

夏の暑い時期、除草機を押して歩くのは酷な作業だ。田の中をぬかりながら重い 除草機械を押し、向こうに着いたら今度はターン。特にターンが大変でズボンは泥だらけ、体はへとへと。有機農業の辛さというものをまさに肌で体感するのは この除草作業に他ならない。草は、何といっても生えてこないようにするのが肝心。除草剤の代わりに米ぬかを散布して草が生えにくい土壌にする手法も導入し てはいますが、効果はわからず、むしろ食味向上を狙っています。雑草生育初期の6月下旬のきめ細かい草取りが肝心。

4.収穫してからも気を抜くなかれ。

コンバインで一気にすますのでなく、バインダーで刈り、天日乾燥して脱穀する ことで米本来の味わいを引き出します。ただ、収穫時期やハセ掛け後にも秋の長雨が続き、農家をいらだたせるのが東北の気象。天日で乾かず、結局脱穀後に乾 燥機にかけたこともありますが、それも自然の風合いに近いタイプの機械を頼んで仕上げ乾燥してもらっています。天日干しは乾燥ムラがどうしても出るので、 仕上げにさっと乾燥機を軽くかけてもらうのがベストのようです。保存はもちろん玄米で行っており、注文に応じてその都度精米しております。玄米でのご注文 が圧倒的に多いですが、、。