り んどうはわが家の経営の柱。山里の気候が鮮やかな色合いを出してくれます…

り ん ど う

奥羽の山里は花の産地。日内温度差が激しいことで、花が鮮やかな色となり、高い評価を受けてい ます。紅葉と同じ理屈でしょうか。仙台から移植して植えてみたバラの花も、ここではよりいっそう鮮やかな色づきのようで、あらためて気象条件の差というも のを感じさせます。

わが家のりんどうの品種は、早い方から、「いわて夢あおい」「さわ風1〜3」「雪の舞」「蒼い風 早生」「サマーエレガンス」「マーメイド」「蒼い風」「藍の風」「雪ほたる」「アルビレオ」の12品種(2012年採花品種)。ほとんどがここ西和賀地域 オリジナルの品種を植えていますよ。約2週間で1品種のりんどうが咲き移っていき、7月下旬〜10月いっぱいはいつでも何かが咲いている形です。

上の写真は1996年、移住した年、初めてりんどう苗を定植した記念すべきもの。近 所のおばさんたちに手伝ってもらい8,000本を、腰を痛くしながら。そして年月は経ち当初の1反分から7反分にまで拡張した。8〜10月はひたすら出荷 作業が夜遅くまで続きます。

現在は通路を広く空ける傾向になり、10アール株本数は7,000本以下になっているでしょうか。特に周囲を 広くとって畝作りをすることが、土壌病害(センチュウの侵入や原因不明の株を根絶させる病害)から守ってくれるのです。排水のことも考えて、畦畔内側に 沿ったほ場外周には溝を掘ることも盛んに行われています。

り ん ど う は こ う 採 る
目当ての茎を見つけたら、 Lクラス(5〜6段花)は80cm、M(3〜4段花)なら70cm、S(2〜3段花)なら60cmの丈のところに手を当てて
ポキンと折り取る(手袋は「ピッタリ背抜」きが良い)。折れやすい品種と折れにくい(スナイ感じ)品種がある
鋏ではウイルスが他にうつ る可能性があり、指での作業です
ネットの下からそうっと出す。上から抜くと葉や花が傷 つきます。そのようにできているのです さっと品質を確認。ダメなものを採ってしまった場合は この時点で折ります(選別時にもう一度無駄に見るロスを省くため)。病気の巣になってしまうので通路など畑内に捨ててはいけない 収穫車の中に入れる。一つの株につき最低2本は採らず に残します。全部採ると光合成できなくなり、株が弱ります。特に2年目株は多く残す


りんどうの1年

雪解け後、アスパラのようににょきにょき生えてくるのが4月下旬。肥料をやり、雪で曲がったり折れたりした支柱を直してやって、冬の間地面まで下げておいたネットを作業の関係で いったん上げる。そして5月の連休後あたりから株仕立て(通称「芽かき」という)作業に着手です。約 1か月もかかっててたくさん立ってきたりんどうの芽を8本くらいに掻いてやる作業が続きます。芽かきが終わった畝からりんどうの高さに合わせてネットを下 げて、まずは初期作業が一段落。休む間もなく、新しいりんどう苗を定植するのもこの晩春の時期。また 定植翌年の2年目の畑には支柱を立てネットを掛ける作業が加わります。りんどうがネットを要求する時 期までには終わらせないと。。

やがてりんどうはすくすく伸び、生育に合わせてネットを上 げてやります(曲がるとB品になり値段が安くなるわけです)。そしてはびこってくる雑草取り病害虫の防除の時期に。強風や大雨が降った後は念入りにネット作業をしないと曲がってしまいます。

そうこうしているうちに盛夏となり、早生品種から収穫期に突入。この期間はひたすら収穫・選別の繰り返す日々、、。最大の山場は需要期であるお盆と秋彼岸の1週間前です。

稲刈り後も採花は続き、や がて3か月に及ぶ収穫期が終わります。秋も深まり霜が降ってくるようになるとりんどうも枯れてくるので、早生の品種から、草刈り機で枯れてきたりんどうを刈り、かき集めて運び出す。これがけっこう大変な作業。寒くなりみぞれも降ってきたりして 辛いです。そして片づいたら最後に畝の間に堆肥を施して、ネットを地際まで下げて、1年が終わりま す。 早生品種の場合、春一番に効かせるためここで翌年のための施肥を行う傾向になっています。

秋は日が短く、雪に覆われる日も早い。4月下旬から11月月中旬まで、気ぜわしく作業が続くのです。冬は雪の 下ですが、かえって温かい雪の布団に覆われて株は守られているので、雪のない寒風にさらされる地方よりもりんどうにとっては結構なんですね。残雪で春の初 期生育が遅れるのは痛手なんですけど。

りんどうは原則毎日出荷。したがって、雨の日も当然収穫します。その時に役立つのが乾燥機です。写真に写っていませんが、黄色のボックスの右側に灯油のジェッ トヒーターがあって、黄色の箱の右側に付いている大きな200Vの扇風機がヒーターの 熱を内側に強制的に引きずり込み、そして濡れたりんどうを灰色のバケツに立てて、黄色のボックスの上に置くと、バケツの底が金網になっていて、立てたりん どうに下から温風が送り込まれて乾燥してくれます(写真は使用時でなくバケツを重ねて置いているだけ)。温度や時間はコントロールできます。

りんどうの選別作業

収穫したりんどうは作業場に移送して、選別作業が始まります。1本1本を限られた時間で瞬時に選別し、大量の 本数を扱わなくては仕事にならず、経験と勘が求められますね。収穫したりんどうは畑でフラワーカーで採った時の緑の網のまますぐに水に漬け、ある程度水が揚がったら選別に着手し、規格ごとに10本ずつ結束した束を今度はまた別の水槽に 立てて、水揚げを進めます。そして翌朝、りんどうを箱詰めし(1箱約150本入り)、町道沿いの車庫 に置いておくと、JAのトラックが持って行ってくれます。関東・関西・九州等がメイン市場になるでしょうか。一応全国に発送されています。

目と手で選別したりんどうは、フラワーバインダーで結束 します。左の写真の緑色の機械です。やっているように、手前から10本ずつ送り込んでいくと、まず根元をモーターで回る丸い刃で切断し、次いで根元の20cmくらいの部分をゴムブラシ2個を組み合わせた装置で下葉取りします。そして葉を取った部分を2か所結束し、向 こう側に投げ出してくれます。この装置は最近普及し導入が進んできた機械ですが、以前は鋏で切り、軍手をはめた手で葉取りをし、輪ゴムで結束していまし た。

順番で追うと、収穫・選別・切断結束・(乾燥)・水揚げ・箱詰め、となります。

当園はりんどうは系統市場出荷になり、インターネットでの米や野菜等の直接販売とは部門が異なります。りんど うはある意味個性ある農業の姿とは言えない共選共販で、地域で同じ品質の物を出荷するものです。これが「産地」として地域全体の特産品として特徴を出して いく動きになるわけですね。