岩手・西和賀の農産品と田舎暮らし情報をお届けします
奥羽の山里新着情報館

月別アーカイブ: 2019年3月

サイトをリニューアルしました

 

タラノメ2019
寒天作りの出張から戻り、たらの芽の栽培を進めています。とはいえこの作業は1日むったりとかかるわけではなく、作業としてはせいぜい1日3時間くらいでしょうか。頑張って作業を進めすぎても、逆に収穫期が一斉に揃ってしまい、需要をオーバーしてしまうからです。切れ目なく同じ感じで出荷をキープするには、チョビチョビが良いのです。現状では。そこは市場出荷が困難な山間地のデメリットかもしれませんね。その意味でも、もっとしっかり仕事をして出荷量を増やすためには、季節限定のものですし、インターネットからのご注文が増えてくれることを願い、そのための努力も続けるばかりですね。

 

 

タラノメ・ズーム

 

現在、たらの芽は厨房用の業務利用に多くを出荷しています。市場流通品よりも展葉を進ませていて天ぷらのボリューム感も増しますね。個人のご家庭での利用もですが、厨房用ご希望のご注文も合わせてお待ち申し上げております。配送日当日に切断し、すぐに出荷します。低温下で1週間は大丈夫です(発送は基本は冷蔵でなく常温です)。

 

さて、いまの農閑期の時期にしかできないと思っていた懸案事項に、サイトのリニューアルがありました。何よりもスマホからのアクセスに対応したデザインにしたかったし、またもう一点、ホームページ作成ソフトの老朽化(?)という問題もありました。

 

Macで作業する者にとって、Windowsのような一般的に使いやすいホームページビルダーのようなソフトがなくて、思いっきりプロ仕様のものになってしまいます。ビジュアル画面で扱えるものは値段も高く、勉強も難しそう。値段が安いものは直接タグを扱うタイプになります(やはりプロ向きですね)。いずれにしてもハードルは高くて、フリーのビジュアル画面で扱えるソフトで長年やってまいりましたが、OSやMac本体の進化に動作が着いていけなくなりつつあり、寒天出張中もずっと悩んでいた課題でした。

 

そこで今回、WordPressでサイトを再構築することに決め、その結果スマホ対応のレスポンシブルなサイトを作ることができました。併せて、ブラウザで行う作業ということで、Safariと、画像準備用にPhotoshop(Element)のみのアプリケーションですむことで、OSの進化等の問題も解決することになりました。構築には正味10日間要しました。。

 

慣れないツールでサイトを作るにはいろんな格闘があり、頭は朦朧として、深い森にさ迷い込んでしまった状態の連続でしたが、このほど無事すべての作業が終わり、そしてブログも新しく本体(固定ページ)と緊密に合体した構成になりました。

 

旧ページからのリダイレクトの設定も済ませましたので、既に前のページは削除しております。index.htmlがindex.phpとなり、販売ページを格納していたshoppingというディレクトリもアクセス不要となりました。

 

ただ、ショッピングカートだけは以前からのCGIプログラムを引き続き再設定しております。WEB MARTというプログラムを使用しておりますが、とても使いやすいです。何もかもプラグインに頼ってWordPressの中にショッピング内容も持ち込んでしまうのではなく、そこはWordPressの外で処理される仕組みになります。

 

ただカートのCGIの中で、配送日時指定欄で出てくるカレンダー(Datapicker)のボタンが見えないという不具合があって、なんとか苦戦して自力で解決し(これだけで5時間かかりました)、また注文が経過する画面(お客様情報入力等)がスマホだとなぜか縮小表示されて見にくいという不満も解消しました。もしかしてまだまだ至らない点もあるかもしれませんが、どうぞ今後とも本サイトを宜しくお願いいたします。

 

 

薪の玉切り2019

 

さて、ホームページWordPress作業とタラノメの伏せ込み&収穫という作業に加えて、薪の準備が入ってきました。今年は記録的に雪が少ないです。もう1mもありません。森林組合からユニックでドサっと降ろしてもらったナラの木はこの残り少ない雪の上で玉切りします。雪の上の方が、チェーンソーの刃を地面にぶつけてしまわないので、かえって良いですよね。いずれ雪が解ければ田畑の仕事が忙しくなりまから。

 

玉切りをすませたら、いったん脇に投げて、奥の作業場から軽トラックを出せるように道を空けないといけません。思ったより早く薪が届いたので、通路部分に除雪機をかける余裕がありませんでした(WordPressから手が離せなくて)。今年は黙っていてもそれなりに早く溶けると思いますが、一度さっと除雪機で道を作っておきたいと思います。ハウスの雪も一応飛ばしておきたいですし、早めに奥からタラノメの穂木や米の籾も出してこなければなりません。

 

 

感覚ミュージアム1

さて、去年は長野から帰ってディズニーランドへ行きましたが、今年はどこに行こうかと、寒天作業中も計画を練り(それ自体が楽しみですしね)、今年は仙台に決めました。

 

ここは宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」という施設。小学校中学年まで向きでしょうか。1〜2時間くらい、視覚や聴覚、嗅覚とか、それにこのような体全体を使った器具で遊べます。写真は足でペダルを漕ぐと大きな円形の輪が回転しつつ前方(左)に進み、同時に小さな輪が手の操作で上下に変動して、向こうの壁にチョークで変動に合わせた図形が描かれていく、という装置です。手と足の動かし方でオリジナルな絵が描けるというものですね。

 

 

感覚ミュージアム2

これも感覚ミュージアムの中です。鏡の組み合わせで万華鏡の中を進んでいく感じ。

 

 

仙台市天文台

 

仙台市にはお昼に到着し、午後は仙台市の科学館を見て、その後天文台に行きました。天文台内部の閲覧室で過ごした後、プラネタリウムを見ました。

 

 

仙台のイルミネーション

 

仙台市のイルミネーションです。盛岡にはこういうところはないですね。さすがは仙台です。若い人たちがたむろしていました。待ち合わせ場所にもなっているんでしょう。

 

 

花の湯計画通り、仙台市の銭湯に入りました。2年前にうみの杜水族館に行った帰りに寄った銭湯はまだ健在でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひな祭りケーキ

ひな祭りも終わりました。初めてチョコの生クリームでケーキを焼きました。スポンジケーキはもちろんオーブン付き薪ストーブの出番です。安いイチゴだったのでちょっと傷が付いていますが、何ともありません。

 

そんな次第で、HPのリニューアルができてホッとしています。WordPressに取り組むことで、付随するいろんな技術情報をネットで検索し、少しだけですがネット知識が進化しました。ワープロや画像ソフトと違って、HPの場合は、どこをどういじったらどう変化するのか、が間接的でわかりづらいですね。まあ、せっかく覚えたことも、形ができて、これから単純な更新や投稿に終始していたら、忘れてしまいそうですね。

 

タラノメ2019

岩手県西和賀町の農家です


1996年に東京から移住して新規の農家になりました。農村は刺激的でアクティブな日々。。お米やにんにく等をインターネット販売しており、生産の情報や背景の暮らしの様子をブログ記事でお届けしています。


これまでのブログ記事はこちらです

 

旧ブログロゴ

 

2005年2月から2019年3月までの投稿記事はこちらでどうぞご覧になってください。

岩手の天気



カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 奥羽の山里農村いちば All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.